Menu
(0)

Search

『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』2021年2月5日公開決定 ─ グレたピーター、地下組織へ

ピーターラビット2/バーナバスの誘惑

2018年の話題作『ピーターラビット』の続編『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』の日本公開日が、2021年2月5日(金)に決定した。

全国300館、400スクリーン以上の映画館で公開される。もともと2020年5月22日の日本公開を予定していたが、新型コロナの影響で延期になっていた。

一部では「マッドマックス 怒りの湖水地方」「ウサギ版アウトレイジ」などのレビューが交錯した『ピーターラビット』前作から3年。今作ではついにビアとマグレガーが結婚。湖水地方で、ピーターはビアとマグレガーと“家族”として仲良く暮らすはずが、父親気取りのマグレガーに叱られ続け、イライラの毎日。元々マグレガーとは犬猿の仲で、ピーターの父親をパイにして食べた因縁の一族のひとりという遺恨もある。「あんなヤツ、父親じゃない!こんな生活ウンザリだ!」我慢の限界を超えたピーターは、湖水地方を飛び出し大都会へ家出してしまう──。

そこで出会ったのは、ピーターの父親の親友だったと語るバーナバス。都会でタフに生き抜くバーナバスに父親のような頼もしさを感じるピーター。しかし、人間に恨みを抱くバーナバスは、人家の冷蔵庫から野菜や果物を盗み、都会の動物たちを組織して、人間への復讐の機会をうかがっていた。

ある日、バーナバスはイギリス中から市場に集まった最高級ドライフルーツの強奪作戦を計画。認めてもらいたいピーターは、湖水地方の妹や動物の仲間たちをメンバーに加えて作戦に参加する。作戦が成功したかに見えたその時、人間に捕まってしまう妹や仲間たち。最大の危機にピーターの前に現れたのは…まさかのマグレガー?

新登場となるバーナバスは、ピーターを暗黒の世界に誘う地下組織のボス。日本語吹替版声優には、“Vシネの帝王”哀川翔が起用されている。ピーター役は前作に引き続き千葉雄大。

ピーターラビット2/バーナバスの誘惑

『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』は、2021年2月5日(金)日本公開。

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly