Menu
(0)

Search

ケヴィン・ファイギ社長、マーベル作品を自ら監督しない理由とは ─ セバスチャン・スタンが聞いてみた

Kevin Feige / ケヴィン・ファイギ
Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Kevin_Feige_(28556369381).jpg

世界中の観客を熱狂させつづけるマーベル・スタジオ。その舵取りをしてきた同社の社長であり、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の全作品にて製作を担当してきた男こそ、ケヴィン・ファイギである。

全世界興行収入の記録を塗り替えた『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)をはじめ、数々の歴史的作品を世に送り出してきたファイギだが、自ら監督を務めたことはこれまで一度もないのだ。その理由は一体何なのだろうか。ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」のセバスチャン・スタンが、米Colliderのインタビューにて、「“いつか監督をやってみたい?”と彼に聞くと、“それは私よりも優れた人たちがやることだよ”と言われました」と述べている。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズでジェームズ・ガン、『マイティ・ソー』シリーズでタイカ・ワイティティ、『ブラックパンサー』シリーズでライアン・クーグラー、『エターナルズ』でクロエ・ジャオなど、ファイギは気鋭の映画製作者を発掘しては起用してきた。そして各作品ごとにそれぞれの監督の特色を見事に反映させて、スーパーヒーロー映画に新風を巻き起こしてきたのである。

そんなファイギに対して、セバスチャンはかなりの厚い信頼を置いているようだ。「僕が彼のことをずっと好きでいるのは、彼が持ち続けている謙虚な姿勢や、何かが上手くいったときに、信じられないほどにまで感謝の気持ちを忘れないからです」。加えて、「愛するキャラクターについて話しているとき、彼の瞳がきらめているのがわかります」と常に子供のような活気にあふれているとしながら、「自分の仕事に恋をしているのだと思います」と説明している。「だからこそ、意義のある物語を面白く伝えるためにはどうするべきかという情熱を持ち続けられるのでしょう」。

Source:Collider

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly