Menu
(0)

Search

『キック・アス』リブート企画、『キングスマン』続編&スピンオフ映画&ドラマ版進行中!マシュー・ヴォーン監督が認める

キングスマン:ゴールデン・サークル
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画『キック・アス』(2010)や『キングスマン』シリーズを手がけたマシュー・ヴォーン監督が、両シリーズの次なる企画を複数準備していることを明かした。
マシュー監督の設立した製作会社Marvは、このたびMarv Studiosと名称を変更し、さらなる“攻めの姿勢”に出るという。監督みずからが英Empire誌にて明かした。

キック・アス/ジャスティス・フォーエバー
『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』© 2013 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

『キック・アス』リブート&単独映画『ヒットガール』

マシュー監督の出世作である『キック・アス』シリーズは、第2作『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』(2013。マシュー監督は製作のみ担当)を最後に続編が作られていない。しかし現在、Marv Studiosでは『キック・アス』のリブート企画が進められているという。リブート版に登場するキャラクターは明かされていないが、原作者のマーク・ミラーがコミックで描いているアフリカ系アメリカ人のシングルマザー、ペイシェンス・リー(Patience Lee)が登場する可能性があることは強調されている状況だ。

また『キック・アス』シリーズについては、過去の映画2作品でクロエ・グレース・モレッツが演じたミンディ・マクレイディ/ヒットガールの単独映画も企画されているという。成長したミンディを中心に据えながら、父親であるビッグ・ダディ(過去にはニコラス・ケイジが演じた)との関係性を描く内容となるそうだ。
ただしマシュー監督は「キック・アスとヒットガールをリブートする」と述べているため、ヒットガールの単独映画にクロエが再び出演する可能性は薄いとみられる。「マーク・ミラーが現在のコミックで描いている内容を手がかりにする」ということで、まったく新しい映画版になりそうだ。

『キングスマン』続編、スピンオフ企画も

一方、マシュー監督の新たな代表作となった『キングスマン』シリーズも構想は非常に活発である。2017年12月の時点で準備が進められていた『キングスマン』第3作は、コリン・ファース演じるハリーと、タロン・エガートン演じるエグジーの関係をめぐる物語の「結末」になるという。

キングスマン:ゴールデン・サークル
キングスマン:ゴールデン・サークル』 © 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

さらにマシュー監督は、以前THE RIVERのインタビューで「キャラクターのスピンオフ映画もできれば、新しいエージェントでユニバースを続けることもできますよね」と語ってくれたように、『キングスマン』ユニバースの拡大には非常に意欲的だ。

その皮切りとなるのは、『キングスマン』第3作と連続で撮影されるというスピンオフ映画『Kingsman: The Great Game(原題)』。1900年代初頭に活躍したスパイ組織を描くストーリーになるということで、ハリーやエグジーではない、まったく新しいキャラクターに期待しよう。
また以前THE RIVERに明かしてくれたチャニング・テイタム演じるテキーラのスピンオフは、どうやら米国のスパイ組織であるステイツマンのスピンオフ作品となった模様。こちらはジェフ・ブリッジスやハル・ベリーらも登場する豪華メンバーの一本となりそうだ。さらに現在、8時間からなるドラマ版『キングスマン(仮題)』も企画されているという。

ちなみにマシュー監督は、『キングスマン』のタロン・エガートン主演でエルトン・ジョンの半生を描くミュージカル映画『ロケットマン(邦題未定、原題:Rocketman)』のプロデュースも担当。こちらはなんと「セックス、ドラッグ、ロックンロール」ありの「R指定ミュージカル」になるという。どれもこれも企画が尖りすぎ…!

Source: Empire
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly