ヨンドゥとクラグリン、ラヴェジャーズの今後を語る!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』マイケル・ルーカー&ショーン・ガンに直撃

ハリウッドスターと直に触れ合える貴重な体験を提供する「ハリウッド・コレクターズコンベンション Vol.14」が、2018年6月9日に東京タワーホールで、10日に天王寺都ホテルで開催される。THE RIVERでは、このため来日したマイケル・ルーカーとショーン・ガンに直撃インタビューを行った。

マイケル・ルーカー、ショーン・ガン(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー)インタビュー

左:ショーン・ガン、右:マイケル・ルーカー ©THE RIVER

マイケル・ルーカーは、大人気ドラマ「ウォーキング・デッド」メリル役で知られ、マーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズでラヴェジャーズのリーダー、ヨンドゥ役でその人気を不動のものにした。2017年12月には「東京コミコン」でも来日を果たしており、ステージ上で自由すぎる爆笑ファンサービスを行ったレポート記事で記憶に新しい方も多いだろう。

ショーン・ガンは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ジェームズ・ガン監督の実弟であり、映画ではロケットのモーション・キャプチャーを担当したほか、ラヴェジャーズのメンバー、クラグリン役も演じている。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)で感涙を誘ったヨンドゥとクラグリンのコンビに、THE RIVERが迫る!

注意

このインタビューには、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレトークが含まれています。

マイケル・ルーカー、ショーン・ガン(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー)インタビュー

©THE RIVER

ラヴェジャーズ、スピンオフの可能性は?

──こんにちは。THE RIVERです。宜しくお願いします!

ショーン:
(日本語で)私はショーンです。どーぞ、よろしく!

──お上手ですね!マイケルさん、昨年(2017年)の東京コミコンでのパフォーマンスは最高でした。ステージでちゃんこ鍋を食べられたり(笑)。

マイケル:
チャンコ・ナベ!そうそう。チャンコ・ナベ美味しかった。

──さて、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督が、ラヴェジャーズのスピンオフを検討しているという情報がありますが。

マイケル:
俺たち、何も知りませんよ。

ショーン:
(笑)

マイケル:
君はどうやって知ったの?

──ネットで。

マイケル:
ネットね。記事を信じるの?

──信じさせて下さい(笑)。

マイケル:
そりゃ、いかんな。ネットにある記事はウソかもしれないよ。フェイク・ニュース!

──し、信じさせて下さい(笑)。

ショーン:
(笑)

──もしですよ!もしも真実だったら?

マイケル:
もしも真実だったら!君、出演したい?

──マジですか?もちろんですよ!(笑)

マイケル:
じゃ、俺の役を代わりにやってもらおう!

ショーン:
いやいや、そんな権限ないでしょ(笑)。

マイケル:
ガッハッハ(笑)。

──(右拳を左胸に当てるラヴェジャーズ・サインをしながら)ラヴェジャーズに加われるなら、もう…。

(マイケルとショーン、笑いながらラヴェジャーズ・サインで応える)

ショーン:
実際、僕も何も知らないんですよ。彼(兄ジェームズ・ガン監督)がラヴェジャーズのスピンオフをドラマとして考えていたこともあったけど、それは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)一作目後の当時の話。今はどうなっているのか分からないですね。『Vol.3』が終わってから、何か進展があるかもしれない。とにかく、そういう話があったのだとしても、今はまだ動いていないのかな。

マイケル:
『Vol.3』が上手くいけば、だな。まだ『Vol.3』が成功するかもわからないからね。

マイケル・ルーカー、ショーン・ガン(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー)インタビュー

©THE RIVER

──もしもラヴェジャーズのスピンオフが実現したら、どんな作品にしたいですか?

マイケルとショーン、声を合わせて:
ヨンドゥの単独映画!

ショーン:
ヨンドゥ・ムービー。

マイケル:
ヨンドゥ。ただただヨンドゥ。

ショーン:
若いヨンドゥだったら、別の俳優を見つけないと。

マイケル:
間違いなく俺ではないな。やってもいいけど、ちゃんと子供の服を着せてね(笑)。ベイビー・ヨンドゥ。図体は俺と同じサイズだけど、オムツ履いてるの。

ショーン:
よし、マーベルの新作はベイビー・ヨンドゥだ!日曜朝、アニメで放送。

マイケル:
(笑)。まぁ、君は今日、インタビュワーとして真面目に来てくれたんですよね。いろいろオフザケばかりで、すまないねぇ。よし、マジメに答えるから、何でも聞いてくれ!

──OK!それでは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の最中、クラグリンがどうしていたのか、何かご存知ではないですか?

マイケル:
プライベートだよ。彼女と遊んでたんだな。

ショーン:
(笑)。いい質問ですよ。おそらく次回作で明らかになるはず。まだ分からないですし、現時点でお話できないんですが、ひとつだけ言えるのは、いずれ明かされる、ということ。

 

ファンサービスについて

──日本にはマーベル映画のファンが沢山いるんですが、もっともっと盛り上げていきたいと考えています。

マイケル:
今よりも、もっと?昨年東京コミコンで訪れたときは、こんなにも盛り上がっているのかと思ったくらいですよ。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのファン人口は、日本でも凄い数がいるんだなって。新しい映画をプロモーションする機会がまた来たら、ファンの皆さんにサインしたり、写真を撮ったり、ハグをしたいですね。ファンにはナイスに接したいし、マスコミの皆さんにも、ナイスでありたい。でも、たまにマスコミ側の対応がすごい時もあって…。

──そうなんですか?他の国とかで?

マイケル:
そう。ロシアがすごい。マスコミの人たちが超アグレッシブ(笑)。インタビュー中は礼儀正しくやり取りをするんですが、終わった瞬間に彼らがテーブルを凄い勢いで片付け始めるんですよ。君の兄さん(ジェームズ・ガン監督)と一緒に、その場でほったらかしにされちゃったりして(笑)。意地悪とかじゃないですよ。エキサイティング、という感じ。

受け継がれるヤカの矢

──『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』で、クラグリンはヨンドゥからヤカの矢を受け継ぎましたね。これからは、ショーンさんがヤカの使い手になるというわけですが。

ショーン:
そうなんです。使い方をマスターしないと。ヨンドゥが何年も何年も使ってきた矢ですから。

マイケル:
あの矢は、口笛を吹けばいいってもんじゃない。魂で操るものなんだよ。クラグリンには、まだまだ学ぶべきことがある。うまく扱うには、魂の学びが必要だね。あの世のヨンドゥに聞いてみな(笑)。

ショーン:
はい、そうしたいです(笑)。

マイケル・ルーカー、ショーン・ガン(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー)インタビュー

©THE RIVER

スタローンとの共演

──『リミックス』Blu-rayのNGシーン集には、スタカーを演じるシルヴェスター・スタローンが、”ラヴェジャーズ”のことを、どうしても”ラヴェンジャーズ”と言い間違え続ける一幕がありました。

ショーン:
(スタローンの声真似をしながら)ラヴェンジャーズ。ラヴェンジャーズ…、何だっけ?オーケー、ラヴェンジャーズ!

マイケル: (笑)。彼の気持ちはわかるよ。たぶん、最初に聞き間違えて、そのまま定着しちゃったんだろうな。

ショーン:
そのシーンは結構時間がかかったんですよね。40〜50テイク撮ったとか(笑)。

マイケル:
その通り(笑)。

ショーン:
(マイケルは)スタローンとは『クリフハンガー』(1993)からの付き合いですよね?

マイケル:
そうだよ。俺とスタローンの役の関係は、『クリフハンガー』とラヴェジャーズとで正反対なんですよ。『クリフハンガー』では、俺がスタローンを責めるんだけど、こっちではスタローンが俺を責めるという。

ショーン:
確かに。面白いですね。

サノスを倒すには

──さて、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』について、何か新たな情報を教えてくれませんか…?

マイケル:
もちろん!『Vol.3』はあります!

ショーン:
(爆笑)

マイケル:
それだけで充分でしょう!

ショーン:
僕は、ちょっとだけ知ってるよ。ストーリーがどうなっていくか、とかね。でも、脚本もまだ仕上がっていないから。

マイケル:
教える訳にはいかないからね。もし知ってしまったら、エラいことになる。

──もしもクラグリンがサノスと戦うとしたら、どうやって戦います?

マイケル:
うぉー!どうする?

ショーン:
(少し考えて)…カ、カ、カードゲーム!カードゲームで勝負を挑む!サノスに勝てるとしたら、もうカードゲームしかない!ポーカーでもやって気をそらしておく。そうじゃないと、クラグリンでは問題がありすぎる(笑)。

マイケル:
サノスは神だから。どうやって神を殺すか、ということだな。

──マイケルさんは『インフィニティ・ウォー』公開前、「サノスが見てない間に矢で刺す」という戦略を語っていましたが…。

マイケル:
やっぱりヤカの矢ではダメだ。神をも殺せる武器がないと。ヤカの矢は神殺しの武器なのか、俺には分からない。エゴ相手にも上手くいかなかった。エゴも神だからね。ソーが神殺しの武器(※ストームブレイカー)を手に入れたけど、撃ちどころを間違えていたでしょ。「頭を狙うべきだったな」って。でも、アレは神殺しの武器だし、ソーも神でしょ?

これはあくまでも俺の意見だけど、神を殺せるのは神だけ。その神に、神殺しの武器を持たせなくちゃいけない。でも、『インフィニティ・ウォー』でソーは狙いを外したんだよ!

俺の矢は、例えば寝込みを襲う時には役に立つかもしれない。でもサノスは強すぎる。しかもインフィニティ・ストーンも全て揃えてしまった。もうどうやって倒せばいいのか、さっぱり分からん。『アベンジャーズ』次回作で明らかになるんだろうね。

──待ちきれないですね。

マイケル:
俺も大ファンだから、すごく楽しみですよ!

フォトギャラリー(タップで拡大)

マイケル・ルーカーとショーン・ガンは、インタビュー中終始ご機嫌、写真撮影中もとにかく仲睦まじげだ。そんなマイケル・ルーカーとショーン・ガンに直接会っての交流が楽しめる「ハリウッド・コレクターズ・コンベンション No.14」は、2018年6月9日(土)に東京タワーホールで、10日は大阪・天王寺都ホテルで開催される。入場無料、ツーショット撮影やサイン会にはチケットが必要だ。当日券の用意もあるとのこと。ヨンドゥ&クラグリンに直接会いたいファンは、「ハリコン」をチェックだ!

(取材、文、撮影:中谷 直登)

 

 「ハリウッド・コレクターズ・コンベンション/ハリコンNo.14」 開催概要 

来日ゲスト : マイケル・ルーカー、ショーン・ガン
※俳優によるサイン会・撮影会は有料。チケットサイトはこちら:https://hollycontokyo.com 

東京開催

日時:
2018年6月9日(土)
※ディーラーブースは東京会場のみとなります(入場無料)。

会場 :
東京タワーホール 地下1階 ( 〒105-0011 東京都港区芝公園4-2-8 フットタウンB1 )

大阪開催

日時:
2018年6月10日(日)

会場 :
天王寺都ホテル 吉野の間 (〒545-0053 大阪府大阪市阿倍野区松崎町1丁目2-8)

「ハリコン」公式サイト:http://hollycon.jp/

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。