Menu
(0)

Search

『キングスマン』原作者がスパイ作品を製作、Netflixで映像化も視野に ─ 余命宣告を受けたスパイ、腐敗した世界の修復に挑む

https://twitter.com/NetflixGeeked/status/1414634439024549890?s=20

キングスマン』『キック・アス』シリーズなどの原作者、マーク・ミラーがグラフィック・ノベル『King of Spies(原題)』を発表した。Netflixとのコラボレーションのもと製作される。アーティストについては未発表だが、イメージ・コミックより出版されるとのこと。米The Hollywood Reporterなどが報じている。

マーク・ミラーのスパイ・ジャンルへの帰還作となる本作の主人公は、英国で最も優れたスパイのローランド・キング。脳腫瘍で余命6ヶ月と診断され、スパイ業から退くことになった男は、これまで何度も救ってきた世界をあらためて見渡し、このような混乱状態を放置することはできないと感じていた。あらゆるレベルでの貪欲さと腐敗、専制君主、そして彼がもはや信頼を置くことのできないシステム。彼は残された時間を、自分の特殊な力を駆使して変化をもたらし、同時に私生活における傷を修復したいと考えている。世界で最も危険な男は、誰が本当の悪党なのか、悪事の秘密をすべて把握しているのだ。そして今、本当の怪物を追いつめる時が来た……。

余命宣告を受けた凄腕のスパイが、社会に潜む悪を容赦なく追い詰めていく姿が描かれる本作。ミラーは「バイオレンスにあふれ、かつエモーショナルな作品ですが、同時に楽しいものになっています」と説明している。ミラーの新たな代表作誕生に期待が高まるばかりだが、出版時期については発表されていない。なお、『King of Spies』はすでにNetflixにてドラマシリーズ化や映画化が企画されているとのことだ。

ちなみにミラーがNetflixとタッグを組むのは、今回がはじめてのことではない。2021年5月に配信されたドラマ「ジュピターズ・レガシー」のほか、「スーパークルックス(原題:Supercrooks)」「ザ・マジック・オーダー」(原題:The Magic Order)『リボーン(原題:Reborn)』など、自身が手がけた原作の映像化作品でも仕事を共にしている。

あわせて読みたい

Source:The Hollywood Reporter

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly