Menu
(0)

Search

『キングスマン』原作者がスパイ作品を製作、Netflixで映像化も視野に ─ 余命宣告を受けたスパイ、腐敗した世界の修復に挑む

https://twitter.com/NetflixGeeked/status/1414634439024549890?s=20

キングスマン』『キック・アス』シリーズなどの原作者、マーク・ミラーがグラフィック・ノベル『King of Spies(原題)』を発表した。Netflixとのコラボレーションのもと製作される。アーティストについては未発表だが、イメージ・コミックより出版されるとのこと。米The Hollywood Reporterなどが報じている。

マーク・ミラーのスパイ・ジャンルへの帰還作となる本作の主人公は、英国で最も優れたスパイのローランド・キング。脳腫瘍で余命6ヶ月と診断され、スパイ業から退くことになった男は、これまで何度も救ってきた世界をあらためて見渡し、このような混乱状態を放置することはできないと感じていた。あらゆるレベルでの貪欲さと腐敗、専制君主、そして彼がもはや信頼を置くことのできないシステム。彼は残された時間を、自分の特殊な力を駆使して変化をもたらし、同時に私生活における傷を修復したいと考えている。世界で最も危険な男は、誰が本当の悪党なのか、悪事の秘密をすべて把握しているのだ。そして今、本当の怪物を追いつめる時が来た……。

余命宣告を受けた凄腕のスパイが、社会に潜む悪を容赦なく追い詰めていく姿が描かれる本作。ミラーは「バイオレンスにあふれ、かつエモーショナルな作品ですが、同時に楽しいものになっています」と説明している。ミラーの新たな代表作誕生に期待が高まるばかりだが、出版時期については発表されていない。なお、『King of Spies』はすでにNetflixにてドラマシリーズ化や映画化が企画されているとのことだ。

ちなみにミラーがNetflixとタッグを組むのは、今回がはじめてのことではない。2021年5月に配信されたドラマ「ジュピターズ・レガシー」のほか、「スーパークルックス(原題:Supercrooks)」「ザ・マジック・オーダー」(原題:The Magic Order)『リボーン(原題:Reborn)』など、自身が手がけた原作の映像化作品でも仕事を共にしている。

あわせて読みたい

Source:The Hollywood Reporter

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly