トムヒ初来日、ブリーとサミュエルも新宿に!『キングコング:髑髏島の巨神』ジャパン・プレミア レポート

映画『キングコング:髑髏島の巨神』のジャパン・プレミアが2017年3月15日、東京・新宿歌舞伎町にて開催。TOHOシネマズ新宿前、”ゴジラロード”に全長120.1メートルのレッドカーペットが引かれ、大々的に取り行われた。

イベントにはスペシャルゲストとして藤岡弘、、宮城大樹、mam(miniman)、ダンテ・カーヴァー、大西ライオン、叶美香が続々と出現し、駆けつけた2,000名の観客を湧かせた。

ジェームズ・コンラッド / トム・ヒドルストン

©THE RIVER

©THE RIVER

意外にも今回が初来日となったトム・ヒドルストン。この日は念願の初来日がついに叶ったことが嬉しかったのか、終始ニッコニコでファンサービスに快く応じていた。一度歩き終えたレッドカーペットを本人の希望で再往復し、一度目で対応できなかったファンのもとに自ら歩み寄ってサインやツーショット撮影に応じるなど、自然な英国紳士らしさで集まったファンを魅了した。

©THE RIVER

©THE RIVER

ステージでは「日本に来るのは今回が初めてです。あたたかく迎えていただいて、本当にありがとうございます」と挨拶。

日本の印象を尋ねられると、「皆さん、優しくてフレンドリーですね。日本食も美味しいです」と答え、既に「スシとサシミ」を食べたと明かしたトム。「ゴジラの下に立てているのが光栄です」と、TOHOシネマズ新宿屋上の巨大なゴジラ像を見上げながら語った。

メイソン・ウィーバー / ブリー・ラーソン

©THE RIVER

©THE RIVER

「コンバンハ!」と日本語の挨拶で始めたブリー・ラーソンは「ここに来られてとても嬉しいです。世界の中でも大好きな街だから、皆さんに映画を披露できてとても興奮しています」と語る。

ブリー演じるメイソン・ウィーバーの吹替えを担当した佐々木希から「映画ではとにかく動き回っているシーンが多かったですが、大変だったところは?」と尋ねられると、「動き続けるためのスタミナ維持が大変でした。一日10時間くらい走ったり山に登ったりしていましたから。アメリカの映画制作とはそういうものです」と苦労を明かした。

©THE RIVER

©THE RIVER

ブレストン・パッカード / サミュエル・L・ジャクソン

©THE RIVER

©THE RIVER

「オハヨォ〜!」と元気に挨拶したサミュエル・L・ジャクソン。オハヨウは朝の挨拶ですよと知らされると、「イェー!オハヨーGood Morning、イェー!LAだと朝だから!」と謎の俺ルールを貫いていた。

©THE RIVER

©THE RIVER

「コンバンワー!そうとも言う!」と言い直したサミュエルは、「ここに来られて最高だよ!この街はドープな場所だね!映画もメチャクチャ面白いよ!スリルに美女、ハンサム、そして、僕!」とハイテンションだ。

映画の中でお気に入りのシーンを尋ねられたサミュエルは、「キングコングと二度目の対面のシーンですね。ヤツが僕を見ていて、僕もヤツを見ている。その場面で、お互い『この映画の中で、どちらかしか生き残れない』と悟るんだ」と語った。

ちなみにサミュエル・L・ジャクソンはInstagramが大好き。ステージ上でもiPhoneを取り出し、インスタ更新に夢中になっていた。

©THE RIVER

©THE RIVER

Three Stars of @kongskullislandmovie shining for the Tokyo crowd.

Samuel L Jacksonさん(@samuelljackson)がシェアした投稿 –

日本語吹き替え声優 / GACKTと佐々木希

©THE RIVER

©THE RIVER

トム・ヒドルストン演じるジェームズ・コンラッドの日本語吹き替え声優を務めたGACKTは今作を、「『ジュラシック・パーク』の20倍は面白い」と讃する。

「みんなが想像するキングコングとはちょっと違ってて、かなり早い展開の中でビックリする仕掛け、スピード感と…、人間ドラマが非常に面白くて。是非劇場に観に行ってください。」

トムに、「明日帰るんだよね?今夜東京でのプランは?」と尋ねたGACKT。「何が良いかな?」とトムに聞かれると、「ゴールデン街に行くのは?」と提案する。「小さくて古い店がたくさん集まっている場所で…」とGACKTが説明していると、まさかのブリー・ラーソンが「ゴールデン街知ってる!ずっと行きたかった所なの!」と興奮。観客を驚かせていた。

©THE RIVER

©THE RIVER

メイソン・ウィーバー役を担当した佐々木希は、初めての声優挑戦を「すごく難しかった」と振り返りながら、「映画自体はスピード感と手に汗握る緊張感があって、最後まですごく楽しく観させて頂きました」と語った。ブリー・ラーソンについては「映画の中では意志の強い女性で、同性から見てもカッコよくて憧れます。実際にお会いしてみて、ご本人もすごく優しくて、更に大ファンになりました」と、ブリーの魅力を述べた。

©THE RIVER

©THE RIVER

©THE RIVER

©THE RIVER

最後にトム・ヒドルストンは、「シンプルに、ありがとうございます」とあいさつし、「日本の東京にこの映画をお持ちできて、非常に光栄です。ジェットコースターのような映画です。お楽しみください。また会いましょう!」と別れのメッセージを残し、イベントは大盛況に包まれたまま幕を閉じた。

THE RIVERでは、同イベント前にサミュエル・L・ジャクソンへのインタビューを行っている。『髑髏島の巨神』の見所や裏話を明かした他、ファンならニヤリとするようなやりとりも収められているので、こちらも併せてお楽しみ頂きたい。

『キングコング:髑髏島の巨神』サミュエル・L・ジャクソン インタビュー!コング対メイス・ウィンドゥの決着は?

また、本イベントのトム・ヒドルストンの写真は、以下ページにてギャラリー公開中!

【独占写真大量】『キングコング:髑髏島の巨神』初来日トム・ヒドルストン 贅沢フォトギャラリー

『キングコング:髑髏島の巨神』は3月25日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他 3D/2D/IMAX公開。

『キングコング:髑髏島の巨神』ジャパン・プレミア

『キングコング:髑髏島の巨神』:(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
Photo:©THE RIVER

About the author

方向感覚が壊滅しており、Googleマップがあっても道に迷う編集長。ORIVERcinema発起人。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。