『キングスマン:ゴールデン・サークル』新予告編はアクション&新キャラの魅力満載!人気アニメとのコラボ映像も

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』より“レッドバンド・トレーラー”と呼ばれる新たな予告映像が米国にて解禁された。
レッドバンド・トレーラーとは、一般的な予告編(グリーンバンド・トレーラー)とは異なり暴力表現や過激な言葉などを含んだ、いわば「大人向け」の予告編のこと。基本的にR指定の作品でしか製作されないものだが、そういえば前作『キングスマン』(2014)ってR指定映画だったっけ……。

なにはともあれ、今回到着した予告映像は「大人向け」といって申し分ない、アクション・シーンてんこ盛りの仕上がりだ。マシュー・ヴォーン監督が前作でも存分に見せた、豊かな映像演出によるアクション(と血しぶき)の一部を観ることができる。ハリー・ハート(コリン・ファース)の活躍もお見逃しのないように!

本作『キングスマン:ゴールデン・サークル』は、本部を爆破によって失った主人公エグジー(タロン・エガートン)らが、アメリカのスパイ組織「ステイツマン」とともに共通の敵と戦うストーリー。
物語の詳細はいまだ明かされていないものの、舞台がどのような場所になるのか、そこでどんな戦いが繰り広げられるのかは今回の予告編でも十分に窺い知ることができるだろう。ちなみにキングスマンとステイツマン、その“共通の敵”となる組織「ゴールデン・サークル」のボスであるポッピーを演じるのはジュリアン・ムーアだ。

それにしても今回の予告編でその魅力を発揮するのは、初登場となる「ステイツマン」のメンバーである。
天才メカニックのジンジャーを演じるハル・ベリー、カウボーイハットがキマりすぎているテキーラ役のチャニング・テイタム、その渋さが本編でも炸裂しそうなジェフ・ブリッジス演じるシャンパン。光る鞭を駆使して戦う、予告編でもとりわけ印象深いウィスキー役を演じるのは、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ナルコス』のペドロ・パスカルだ。

なお2017年7月20日(現地時間)に開催された「サンディエゴ・コミコン2017」での20世紀フォックス社によるプレゼンテーション・イベントには、タロン・エガートンをはじめとした出演者やスタッフが登壇。会場ではNetflixで配信されている人気アニメ『アーチャー』とのコラボ映像も上映されたので、こちらもぜひお確かめいただきたい。

Sources: http://screenrant.com/kingsman-golden-circle-trailer-red-band-2/
http://collider.com/kingsman-2-sdcc-panel-recap/
Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=MgVgLiAvjdU サムネイル

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。