Menu
(0)

Search

『キングスマン』前日譚映画、出演者続報が到着 ─ 『シビル・ウォー』悪役ダニエル・ブリュール、『ゴジラ』続編のチャールズ・ダンスなど

キングスマン:ゴールデン・サークル
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)に続く、『キングスマン』シリーズの最新作であり前日譚となる映画『キングスマン:ザ・グレート・ゲーム(邦題未定、原題:Kingsman: The Great Game)』の出演者に関する続報を米Colliderが伝えている。

本作は、1918年を舞台にスパイ組織の始まりを描く物語。時代設定が異なることから『キングスマン』2作品で主人公エグジーを演じたタロン・エガートンは出演しないため、新キャスト情報がファンの間で待たれていた。シリーズの監督を務めてきたマシュー・ヴォーンは、過去作品とは異なり、大物俳優を起用するというよりも“最高の”俳優陣を揃えようとしているという。

今回の報道では、以前から出演が噂されていたドラマ「TRUST」(2018)のハリス・ディキンソンと、『ハリー・ポッター』シリーズのヴォルデモート役で知られるレイフ・ファインズの出演について言及されている。ハリスは主演俳優として、自国に奉仕し第一次世界大戦で戦いたいと熱望する、生意気だがチャーミングな若者コンラッドを演じるという。なおファインズの役柄は2018年12月2日時点で不明だ。

また、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)ジモ大佐役のダニエル・ブリュール、「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-)のタイウィン・ラニスター役で知られ、映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に出演するチャールズ・ダンスが出演することが新たに報じられている。

[左]Photo by Elena Ringo https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Daniel_Br%C3%BChl_at_the_2018_Berlin_Film_Festival.jpg [右]Photo by Alan Chang https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Charles_Dance_2012_(cropped).jpg Remixed by THE RIVER

同じくColliderの情報によると、『ハリー・ポッター』シリーズのゼノフィリウス・ラブグッド役や『アメイジング・スパイダーマン』(2012)リザード役などのリス・エヴァンスが出演交渉中。出演が実現すれば、人を巧みに操る、ロシアの危険な神秘主義者を演じる。なお信憑性に疑問が残る情報として、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(2014)のマシュー・グッドが出演するとも記されている。

『キングスマン:ザ・グレート・ゲーム』の撮影は2019年1月にイギリス・ロンドンで開始され、約4ヶ月半にわたって続けられる予定。タロン・エガートン演じるエグジー、コリン・ファース演じるハリーを主人公とする『キングスマン3(仮題)』も2019年内に撮影が行われる計画だという。
ほかにもヴォーン監督は、『キングスマン:ゴールデン・サークル』でチャニング・テイタムが演じたテキーラのスピンオフ映画や、米国のスパイ組織ステイツマンを描く単独映画、ドラマ版「キングスマン」などユニバースを拡大する構想を立てており、今後の情報も見逃せない。

映画『キングスマン:ザ・グレート・ゲーム(邦題未定、原題:Kingsman: The Great Game)』は2019年11月8日に米国公開予定

Source: Collider

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly