『キングスマン:ゴールデン・サークル』タロン・エガートン、次回作の悪役は「ドウェイン・ジョンソンがいい!」

2018年1月5日日本公開の映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』で主人公エグジーを演じたタロン・エガートンが、次回作の悪役としてロック様ことドウェイン・ジョンソンを希望していることを明らかにした。

The Hollywood Reporterのインタビューに応じたタロン・エガートンは、「次回作の悪役には誰がいいですか?」という質問に対して以下のように答えている。

「僕はもう(次回作の)悪役を知っていて、その役者とは全然違うんですが、僕はドウェイン・ジョンソンが大好きなんです。次の悪役には彼がぴったりだと思います。マシュー(監督)が僕に説明した悪役はドウェイン・ジョンソンじゃないんですけどね。」

『ワイルド・スピード ICE BREAK』より
© 2016 Universal Studios. All Rights Reserved.

ドウェイン・ジョンソンとバトルを繰り広げるというタロン・エガートンの願いは叶わなかったものの、今回の『キングスマン:ゴールデンサークル』に続き第3作目の製作が進められているというのは朗報だ。タロンはこのインタビューで、詳細は言えないとしながらも「ストーリーラインは知っている」とも明かしている。なおその後、マシュー・ヴォーン監督が第3作目製作のためにVFXチームとの面談や脚本作業を進めているとも報じられており、製作は着々と進行中のようだ。

 

ドウェイン・ジョンソンと言えば、2018年4月日本公開の映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)など、俳優業に大忙し。元プロレスラーという大柄でムキムキな体格を活かした役柄もさることながら、近年ではアニメーション映画『モアナと伝説の海』(2016)では半神半人マウイとして美声を披露したりと幅広く活躍している。

そんなマルチな才能を持つロック様と、ぶっとんだ世界観とスタイリッシュなアクションが見所な『キングスマン』との筋肉化学反応、観てみたかったような気もするが…。あれこれ想像を膨らませる前に、まずは日本公開を控える2作目を観なくては始まらない。『キングスマン:ゴールデン・サークル』は、2018年1月5日より全国ロードショーだ。

(文:まだい)

Source: https://screenrant.com/taron-egerton-wants-dwayne-johnson-kingsman-3/
https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/kingsman-golden-circle-ending-taron-egerton-interview-1042653

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。