Menu
(0)

Search

クリス・エヴァンス、『ナイブズ・アウト』に「興奮で体が熱くなる」 ─ セーター姿のインタビューが限定公開に

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
Photo Credit: Claire Folger

映画ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密より、「クリエバセーター」も話題のクリス・エヴァンスが、劇中のセーター姿そのままで作品の魅力を語るインタビュー映像がTHE RIVERだけで限定公開となった。

『ナイブズ・アウト』でクリスが演じるのは、これまでの“スーパーヒーロー”のイメージから一転、 “Fワード”連発の放蕩息子ランサム。本作がクリスを魅了した理由は「興奮で体が熱くなるほど、面白い脚本」だった。ミステリーの名手ライアン・ジョンソン監督がこだわった脚本は、「興奮で身体が熱くなるほど」だったという。推理小説を愛読していた学生時代を思い出す、とも。

『ナイブズ・アウト』の舞台となる“刃の館”には、監督が細部にまでこだわり抜いたセットや小道具がたっぷり。「美術セットや会話が現代的なのはもちろん、監督が細かな要素を取り入れるのがうまい。彼が実際にセットに建てたレンガの邸宅は、作品に現代的な印象を与えている」とリスペクト。ランサムのセーターに“穴”があることなど、ライアン・ジョンソンの仕掛ける茶目っ気も要チェックだ。

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
Photo Credit: Claire Folger

ミステリーの見どころについては「機関車や競馬と同じ。スタートしたら少しも落ち着けない。手がかりに気づいた途端に、自分も事件の一員になっている」と表現。「犯人を言い当てるのはかなり難しいけど、だから物語が輝き続けるんです。」

クリス・エヴァンスがこれまでのイメージを払拭し挑んだ放蕩息子ランサムは、その傍若無人な振る舞いで周囲をかき回していく。彼の新境地ともいえる演技にも注目しながら、真犯人探しに挑戦しようではないか。

映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』は、 2020年1月31日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly