Menu
(0)

Search

『DEATH STRANDING』小島秀夫監督、マッツ・ミケルセン主人公のゲーム『マッツ・マックス(仮)』を提案していた

©THE RIVER

小島秀夫監督によるゲーム『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』は、主人公役のノーマン・リーダスをはじめ、 レア・セドゥ、リンゼイ・ワグナー、そしてマッツ・ミケルセンら錚々たる俳優陣が出演していた。『DEATH STRANDING』にてマッツと仕事を共にした小島監督は、彼を主人公にした企画を複数構想しているようだ。

Twitterにて小島監督は、「マッツをメインキャラクターにしたアイデアをいくつか持っています」と突然投稿を寄せた。「そのひとつを説明したことがあって、彼は熱心に話を聞いてくれていたんですが、タイトルを言った途端に表情が変わりました。彼は僕が冗談を言っていると思ったみたいで。僕は本気でしたよ。仮タイトルは『マッツマックス(MADS MAX)』でした」。

言うまでもないがこのタイトルは、『マッドマックス』シリーズにちなんだものと思われる。そのことに瞬時に気づいたマッツは、小島監督が冗談で話を進めていると勘違いしてしまったのかもしれない。どんな内容だったのかは明かされていないが、もしも『マッドマックス』のように、マッツが荒廃した砂漠を車で爆走するような作品だったら?何らかの形で、企画が前進することを願うばかりだ。

ちなみに『DEATH STRANDING』は、新要素が加えられた『DIRECTOR’S CUT』が、PlayStation 5向けに2021年9月24日より発売予定だ。

あわせて読みたい

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly