Menu
(0)

Search

日本のコンビニがゾンビに襲われヘタレ店員たちが戦う『コンビニ・ゾンビーズ』日英製作へ

イメージ写真。作品とは関連しません。 Photo by Kuha455405 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:7_Eleven_Fukushima_Shinchi_Town_Shop.jpg

日本のコンビニが舞台のゾンビパニックが日英で制作される。その名も『コンビニ・ゾンビーズ(原題:Konbini Zombies)』だ。米Deadlineが伝えている。

作風はコメディホラーで、セリフは日本語と英語のハイブリッドになる。東京郊外の街外れにある24時間営業のコンビニに、ゾンビのサラリーマンが突如出現。コンビニを守るため、シャイで控え目なマユミ率いるヘタレ店員チームが全力で戦う、といった内容だ。

監督と脚本はモラヨ・アカンデ。撮影は2022年4月より東京で開始予定で、現在キャスティングが進行中とのこと。ジャスティン・デイメンやマイカ・タデナといったプロデューサー陣に加え、108 Mediaより江部 亮の名も伝えられている。

アカンデ監督は「新しい目線で日本を見られるような、大胆でユニークな企画にしたい」と意気込み。日本人にとって馴染みの深いコンビニを舞台に、どんなゾンビ・パニックが描かれるのだろう。

Source:Deadline

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly