Menu
(0)

Search

巨匠ジョージ・A・ロメロ、初期代表作の「幻の完全版」発見される ─ 3時間半、全編モノクロ映像

ジョージ・A・ロメロ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/26434015733/

『ゾンビ』(1978)などで知られるホラー映画の巨匠、故ジョージ・A・ロメロ監督がキャリア初期に手がけた代表作のひとつ『マーティン/呪われた吸血少年』(1977)の“幻の完全版”が発見された。

『マーティン/呪われた吸血少年』は、血を吸う欲望を抱えた若き青年マーティンが、“いとこ”である老人のクーダに監視されながら、ペンシルバニアの町で生活する物語。自分の衝動を抑えきれず、吸血を続けていたマーティンは、ある日ラジオで自らが吸血鬼であることを告白。人気者になったマーティンは、やがて衝動をコントロールし、普通の人間としての生活を送るようになっていくが……。

主にゾンビ映画の功績で知られるロメロ監督だが、本作は『ゾンビ』の直前に製作された青春ホラー。『ゾンビ』以前の初期作としては、『ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖』(1973)などに並ぶ代表作として評価されている。ただし、ロメロは本作を全編モノクロ作品にしたかったが、プロデューサーと折り合いがつかず、カラー映画(一部シーンはモノクロ)として公開された。完全版は失われたとみられていたが、このたび長さ3時間半、全編モノクロ映像のディレクターズ・カットが発見されたのである。

完全版の発見を報告したのは、『マーティン/呪われた吸血少年』で撮影監督を務めたマイケル・ゴーニック(Facebookの“ロナルド・ゴアウッド”は別名義と報じられている)。このディレクターズ・カットは、今後、プロデューサーであるリチャード・ルビンスタインによって管理され、デジタル復元されて世界公開される可能性があるとのこと。公開から半世紀近くが経過して、ロメロの思い描いたビジョンがついにお披露目となるかもしれない。

2021年、ロメロは1973年の未発表映画『アミューズメント・パーク』が世界各国でリリースされ、日本では劇場公開された。また、生前最後の企画だった『トワイライト・オブ・ザ・デッド(原題: Twilight of the Dead)』も映画化企画が本格的に動き出したことがわかっている。2017年の逝去から5年、ロメロ作品はこれからも映画界に影響を与え続けていくことになりそうだ。

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly