Menu
(0)

Search

アンチウイルス会社「マカフィー」創業者の“銃と女性と狂気の人生”、セス・ローゲン&マイケル・キートンで映画化へ

マイケル・キートン セス・ローゲン
[左]https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9355458050/ [右]https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/36137139426 All Photo by Gage Skidmore

世界一のコンピュータ・セキュリティ企業「マカフィー」の創業者であるジョン・マカフィーの数奇な実話を映画化する『King Of The Jungle(原題)』に、セス・ローゲンマイケル・キートンが出演することがわかった。米Deadlineほか複数のメディアが伝えている。

アンチウイルスソフトの開発先駆者であり、マカフィーを巨大企業に成長させたジョン・マカフィーは、のちに数々の企業に関わったあと、イギリスの旧植民地であるベリーズに住まいを構えている。そこで銃や女性、狂気に身を浸していったマカフィーは、2012年に隣人を殺害した疑いをかけられ、ベリーズ国内を恋人とともに逃げ回るに至っているのだった。映画版では米Wiredの記事“John McAfee’s Last Stand”(日本語版「ベリーズに死す:IT業界の狂犬ジョン・マカフィーと頽廃の王国」)を基に、マカフィーをめぐる“事実は小説より奇なり”ともいうべき物語が描かれるという。

マカフィー役を演じるのはマイケル・キートン。『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014)や『スポットライト 世紀のスクープ』(2015)、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)などで圧倒的な演技を見せ、再び高い人気と支持を得ているキートンが、現実と狂気のあわいに落ちた天才を演じる。
また『40歳の童貞男』(2005)や『スティーブ・ジョブズ』(2005)などに出演し、俳優・監督・プロデューサーとして縦横無尽の活躍を見せるセス・ローゲンが演じるのは、マカフィーにインタビューするWiredの記者アリ・ファーマン役だ。マカフィーへの取材を“何の変哲もないインタビュー”だと考えていたファーマンは、ベリーズの地で狂気と殺人の世界に引きずり込まれていく……。

本作で監督を務めるのは、『フィリップ、きみを愛してる!』(2009)や『ラブ・アゲイン』(2011)、DCコミックス原作の『ジョーカー&ハーレイ・クイン(仮題)』グレン・フィカーラ&ジョン・レクア。脚本はドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」(2016)のスコット・アレクサンダー&ラリー・カラゼウスキーが執筆する。

映画『King Of The Jungle(原題)』の撮影・公開時期は不明。

Source: Deadline
Eyecatch Image: All Photo by Gage Skidmore(1, 2

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly