イーサン・ホーク、『万引き家族』是枝監督の新作へ出演 ─ ジュリエット・ビノシュら国際的スター集う

第71回カンヌ国際映画祭にて最高賞パルムドールを受賞したことも話題を呼び、興行収入37億円を突破した『万引き家族』是枝裕和監督の長編15作目に、カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホーク、リュディヴィーヌ・サニエら世界の映画スターらが出演、日仏合同で制作されることがわかった。撮影はフランスで行われる。

La Vérité


この作品の仮タイトルはフランス語で『La Vérité』。日本語では「真実」という意味だが、邦題は未定。

主演は、フランスの至宝、世界的大女優のカトリーヌ・ドヌーヴ。共演には、『イングリッシュ・ペイシェント』(1996)でアカデミー賞助演女優賞を受賞し日本でも人気の高いジュリエット・ビノシュ、アカデミー賞作品『6才のボクが、大人になるまで。』(2014)や『マグニフィセント・セブン』(2017)などのイーサン・ホーク、日本でも大ヒットを記録した仏映画『8人の女たち』(2002)、『スイミング・プール』(2003)のリュディヴィーヌ・サニエらを迎え、力強く情感豊かな家族の葛藤の物語を描き出す。彼らと現地スタッフたちとタッグを組んだ日仏合作となり、公開は2019年予定。

この度、この注目作のあらすじが伝えられている。

───ねえ、ママ。教えて。人生って楽しい?───
母はフランス映画のスター女優。今の恋人、元夫、パーソナルアシスタント… 彼女を愛してやまない男たちの上に君臨する。
そんな彼女の自伝の出版を機に、娘がアメリカから、夫と幼い子どもを連れて帰省する。母と娘の再会は、たちまち対立へ変容する。さまざまな真実は露わになり、愛と恨みは告白される…。
母は、SF映画に出演することになるが、自伝に自分の名前がないことに傷ついたパーソナルアシスタントが突然辞めてしまい、娘が代わりに撮影現場に付き添うことに…。その現場で出会った新進女優の姿に、母はかつて親友でライバルだった今は亡き女優の面影を重ねていくのだった。
母と娘は長年に渡ってへだてられてしまったふたりの関係を果たして修復出来るのだろうか──。

La Vérité

是枝裕和が原案・監督・脚本を務める映画『La Vérité(邦題未定)』は2019年公開予定。

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。