スター・ウォーズ『ハン・ソロ』ランド・カルリジアン役の撮影が無事終了

撮影中の映画『ハン・ソロ(仮題)』より、人気キャラクターのランド・カルリジアン役の撮影が無事終了したとの知らせが届いた。ロン・ハワード監督が自身のTwitterで報告した。

映画『ハン・ソロ』は、2017年6月に「創作上の相違」としてフィル・ロードとクリス・ミラーが監督を降板し、ロン・ハワードが後を継いだ。伴って再撮影を強いられる現場では、出演者のスケジュールが合わなくなり、登場場面がまるごと無くなってしまうというドタバタ劇も報じられた。一方でロン・ハワード監督は就任後よりSNSを通じて現場の様子をアップデートし続けており、制作の無事進行を祈るファンらを喜ばせていた。

スター・ウォーズ』のハン・ソロの若き日の冒険を描く同作では、俳優でミュージシャンのドナルド・グローヴァーがソロの悪友ランド・カルリジアンを演じる。1983年生まれのドナルドは2011年の『ザ・マペッツ』で映画デビューを果たし、2017年は『スパイダーマン:ホームカミング』への登場も話題に。また、”チャイルディッシュ・ガンビーノ”の名でラッパーとしても目立った活躍をしており、ドラマ『アトランタ(原題:Atlanta)』で脚本・演出・出演を兼任したほか、アニメ版『デッドプール』でもショーランナー(製作総指揮)を務めることが決定しているマルチ・タレントだ。

映画『ハン・ソロ(仮題)』は2018年5月25日より全米公開予定。

Source and Image:https://twitter.com/RealRonHoward/status/901349750443835392

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。