Menu
(0)

Search

セバスチャン・スタンが星条旗の前に佇む横顔、初主演作『ラスト・フル・メジャー』メイキング写真を独占入手

ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実
© 2019 LFM DISTRIBUTION, LLC

『アベンジャーズ』『キャプテン・アメリカ』シリーズのバッキー・バーンズ役で知られるセバスチャン・スタン主演、ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実が2021年3月5日(金)に公開される。日本にも熱狂的ファンの多いセバスチャンの初主演映画である本作より、THE RIVERではメイキング写真を独占入手した。

ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実
© 2019 LFM DISTRIBUTION, LLC

1966年4月、ベトナム戦争で多くの兵士たちの命を救うために命を捧げた空軍兵がいた。彼の名は、ウィリアム・H・ピッツェンバーガー。英雄として讃えられるはずの彼だったが、なぜか30年にもわたり名誉勲章は却下され続けていた。ペンタゴン空軍省に勤めるエリート官僚スコット・ハフマン(セバスチャン・スタン)は、退役軍人のタリー(ウィリアム・ハート)から依頼を受けたことをきっかけに、ピッツェンバーガーへの名誉勲章授与に関する調査を行うことになる。

マーベル・シネマティック・ユニバースでキャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャースの親友、ウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズを演じたセバスチャン・スタンは、ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」も控える期待の俳優。本作では国防総省空軍省のエリート職員、スコット・ハフマン役を演じている。星条旗を背景に捉えたショットは、セバスチャンが『キャプテン・アメリカ』シリーズで頭角を現したという文脈を踏まえるとなお味わいの増す一枚だろう。

そのほか、マーベル映画のニック・フューリー役で共演したサミュエル・L・ジャクソンとのオフショット、リラックスして子役とくつろぐ姿、スーツを身にまといハフマンとしてカメラ前に立つ一枚と、セバスチャンの役者としての姿勢や、撮影の中で垣間見える素顔がうかがえる写真が到着している。

ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実
© 2019 LFM DISTRIBUTION, LLC
ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実
© 2019 LFM DISTRIBUTION, LLC

出演者はセバスチャン・スタンのほか、ウィリアム・ハート、サミュエル・L・ジャクソン、エド・ハリスらそうそうたる顔ぶれ。日本公開を控えた2021年2月5日に逝去したクリストファー・プラマー、2019年8月にこの世を去ったピーター・フォンダは本作が遺作となった。そのほか、『ファンタスティック・ビースト』シリーズのアリソン・スドルが主人公ハフマンの妻を、『戦火の馬』(2011)のジェレミー・アーヴァインがピッツェンバーガーを演じる。脚本・監督は、リドリー・スコット監督作『白い嵐』(1996)を執筆したトッド・ロビンソン。

ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実
© 2019 LFM DISTRIBUTION, LLC

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』は2021年3月5日(金)全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly