Menu
(0)

Search

『The Last of Us』ドラマ版、「チェルノブイリ」監督ヨハン・レンクがパイロット版の監督就任 ─ 脚本家と再タッグへ

The Last Of Us
Photo by Björn Engqvist https://www.flickr.com/photos/bjornolsson/13778430663/

傑作サバイバルゲームThe Last of Us』のドラマ版に、米HBO製作ドラマ「チェルノブイリ」(2019-)の監督ヨハン・レンクが製作総指揮・パイロット版の監督として就任していることがわかった。本作では、同じく「チェルノブイリ」を手掛けたクレイグ・メイジンが脚本を担当。米Discussing Filmのインタビューにて、レンク本人が明かしている。

 ゲーム『The Last of Us』では、謎の感染爆発によって荒廃したアメリカを舞台に、娘を失った主人公ジョエルと、孤独な少女エリーのサバイバル劇が描かれる。ドラマ版は原作ゲームで起きたイベントを基にしており、前作から5年後を舞台にした続編『The Last of Us Part II』の要素も含まれるとのことだ。

ドラマ版「The Last of Us」では「チェルノブイリ」に引き続き、HBOが製作を手掛ける。ゲーム版のクリエイティブ・ディレクターを務めたニール・ドラックマンも製作総指揮として参加。レンクはパイロット版の監督も務める予定とのことだが、「その後は状況次第ですかね」と、現時点でその他のエピソードを担当するのかまでは不明のようだ。

また、ゲーム『The Last of Us』に登場するキャラクターを映像化するにあたってのアプローチについて、レンクは以下のように語っている。

「ゲームをプレイしたことがある人であれば、キャラクターの詳細まで脳裏に焼き付いていますよね。どんな姿、口調、行動するのか。[中略]クレイグ、ニールと毎週電話で、どのように向き合いアプローチするべきなのかについて話し合っているところです。小説のキャラクターよりも、鮮明な印象のあるゲームのキャラクターを一体どうやってドラマに落とし込むのかって。」

ドラマ版「The Last of Us(原題)」のキャストや製作時期などは不明。PS4ソフト『The Last of Us Part II』は2020年6月19日に発売を予定している。

Source: Discussing Film

Writer

南 侑李
minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「まるで、映像を見ているかのように読者が想像できるような」文章をモットーに映画の記事を執筆しています。四六時中、「映画」のことばかり考えている映画人間です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly