Menu
(0)

Search

『The Last of Us』ドラマ版、「チェルノブイリ」監督ヨハン・レンクがパイロット版の監督就任 ─ 脚本家と再タッグへ

The Last Of Us
Photo by Björn Engqvist https://www.flickr.com/photos/bjornolsson/13778430663/

傑作サバイバルゲームThe Last of Us』のドラマ版に、米HBO製作ドラマ「チェルノブイリ」(2019-)の監督ヨハン・レンクが製作総指揮・パイロット版の監督として就任していることがわかった。本作では、同じく「チェルノブイリ」を手掛けたクレイグ・メイジンが脚本を担当。米Discussing Filmのインタビューにて、レンク本人が明かしている。

 ゲーム『The Last of Us』では、謎の感染爆発によって荒廃したアメリカを舞台に、娘を失った主人公ジョエルと、孤独な少女エリーのサバイバル劇が描かれる。ドラマ版は原作ゲームで起きたイベントを基にしており、前作から5年後を舞台にした続編『The Last of Us Part II』の要素も含まれるとのことだ。

ドラマ版「The Last of Us」では「チェルノブイリ」に引き続き、HBOが製作を手掛ける。ゲーム版のクリエイティブ・ディレクターを務めたニール・ドラックマンも製作総指揮として参加。レンクはパイロット版の監督も務める予定とのことだが、「その後は状況次第ですかね」と、現時点でその他のエピソードを担当するのかまでは不明のようだ。

また、ゲーム『The Last of Us』に登場するキャラクターを映像化するにあたってのアプローチについて、レンクは以下のように語っている。

「ゲームをプレイしたことがある人であれば、キャラクターの詳細まで脳裏に焼き付いていますよね。どんな姿、口調、行動するのか。[中略]クレイグ、ニールと毎週電話で、どのように向き合いアプローチするべきなのかについて話し合っているところです。小説のキャラクターよりも、鮮明な印象のあるゲームのキャラクターを一体どうやってドラマに落とし込むのかって。」

ドラマ版「The Last of Us(原題)」のキャストや製作時期などは不明。PS4ソフト『The Last of Us Part II』は2020年6月19日に発売を予定している。

Source: Discussing Film

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly