Menu
(0)

Search

ジェラルド・バトラー『完全なる報復』続編企画が進行中 ─ プロデューサーと脚本家が続投へ

ジェラルド・バトラー
Photo by Gordon Correll https://www.flickr.com/photos/gdcgraphics/29681162176/ Remixed by THE RIVER

ジェラルド・バトラージェイミー・フォックスが共演した映画『完全なる報復』(2009)の続編企画が進行中であることがわかった。米Deadlineが報じている。

報道によると続編企画では、『ソルト』(2010)『X-ミッション』(2015)などのカート・ウィマーが脚本家として復帰するほか、前作で主演を務めたジェラルド・バトラーをはじめ、ルーカス・フォスター、アラン・シーゲルがプロデューサーとして続投する見込みとのことだ。現時点で物語については一切明かされていない。

前作『完全なる報復』の主人公は、強盗犯に妻子を目の前で惨殺されたクライド(ジェラルド・バトラー)。犯人は逮捕されたものの、ジェイミー・フォックス演じる敏腕検事により極刑を免れる。司法制度に裏切られたと考えたクライドは、自分自身の力で犯人への復讐を誓うのだった。予測不可能な展開に多くの観客が魅了され、全世界興行収入は約1億2,800万ドルにもおよんだ。

そんなスリリングな物語を演出したのは、『ストレイト・アウタ・コンプトン』(2015)や『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)、『メン・イン・ブラック:インターナショナル』(2019)などの監督、F・ゲイリー・グレイ。続編でも監督として再登板するのかは不明だ。

なお、プロデューサーのフォスターは、「この素晴らしいキャラクターたちと、オリジナル映画を作った時よりもさらに現代的であると思われるこの魅力的な題材を再び取り上げられることを嬉しく思っています。私たちは皆さんの心を再び揺さぶるつもりです」と意気込みを語っている。

Source:Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly