『スーサイド・スクワッド』ジャレッド・レト、ジョーカー役を振り返る「まるで冒険みたいだった」

映画『スーサイド・スクワッド』でジョーカー役を演じたジャレッド・レトデヴィッド・エアー監督が、ジョーカーというキャラクターについて振り返っている。レト扮するジョーカーは、本編での魅力的な演技はもちろんのこと、ジョーカーにのめり込みすぎたゆえの逸話(記事)や、出番を大量カットされたという後日談まで、なにかと話題に事欠かない存在だった。

『スーサイド・スクワッド』出番大量カットのジャレッド・レト悲痛コメント。観客は激怒「予告編詐欺」→訴訟へ

映画情報サイト・コライダーでは、『スーサイド・スクワッド』DVD/Blu-rayのリリースを控えて、レトとエアー監督がジョーカーについて語る特別映像が公開されている。撮影現場でのレトの様子も少しだけ収められているので、ぜひチェックしてみてほしい。

この映像の中で、レトはジョーカー役を演じることについてこう語った。

「ジョーカーという役柄は、これまでいつも見事に解釈されてきた。とはいえ別の一面もある。“(ジョーカーについて)僕らがほかに描けることは?”“物語や人物に別の側面はないか?”“まだ誰もやっていないことは?”ってね。僕にとっては、まるで探検や冒険みたいだったし、限界に挑んでいるようだったよ。すぐに気合いが入ったね。(人物に)深く潜って、僕自身が見たこともない地点まで到達しなきゃいけないと思った」

一方、レトがジョーカーへと変貌していくのを間近で見ていたエアー監督は、その様子について率直に明かしている。

「ジョーカーについて理解し、ジャレッドの役づくりを手助けしている間、僕はジャレッドに少しだけさよならを言わなきゃならなかった。彼は消えてしまい、ゆっくりと、確実にジョーカーに取って代わられたのさ。見ていて惚れ惚れする変化だったよ。(レトは)とても奥深くて、本当にいい男だよ。思いやりのある人間だ。ジョーカーは……本当にいい男だとは言えないもんな」

『スーサイド・スクワッド』Blu-rayに収録されるエクステンデッド・エディションは、劇場公開版に約13分の未公開シーンを追加した“完全版”だ。ジョーカーとハーレイ・クインのシーンも復活しているようなので(記事)、きっとレト渾身の演技をじっくり味わえることだろう。

映画『スーサイド・スクワッド』DVD/Blu-rayは2015年12月21日発売予定。合計4仕様での発売なので、ご購入の際にはくれぐれもお間違えなきように……。

『スーサイド・スクワッド』Blu-ray / DVD 日本版発売日発表!年内リリース決定!

source & Eyecatch Image : http://collider.com/suicide-squad-jared-leto-joker-blu-ray-clip/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。