『スーサイド・スクワッド』出番大量カットのジャレッド・レト悲痛コメント。観客は激怒「予告編詐欺」→訴訟へ

スーサイド・スクワッド』にジョーカー役で出演したジャレッド・レトが嘆いている

劇場公開版でジョーカーの出番が少なからずカットされていることを受けて、レトは当初インタビューで「うまくいけば日の目を見るだろう」と余裕気味の対応をしていた。しかしアメリカでの公開から数日が経過し、ついにその悲しい本音を語ったのである。

【賛否両論】『スーサイド・スクワッド』ジョーカーに衝撃の新設定が発覚

「お気に入りの仕事だった」

ジョーカーが『スーサイド・スクワッド』に馴染んでいるかどうか、レトは「わからない」と述べている。レトは脚本を読んで「ジョーカーはメイン・ストーリーと並行してハーレイを取り戻そうとする役割」だと捉えていたようだ。カットされた出演シーンについて、最新のインタビューでレトはこう話している。

「撮影したシーンがたくさんカットされたことは理解してるよ。でも自分のシーンは、これまで出演した映画のなかでもお気に入りの仕事だった。狂気をにじませるシーンすべてに貢献できたと思ってるんだ。もっと(狂気を)足したいと思っていたしね。(カットされたシーンは)ジョーカーの映画を作るのに十分な量だと思うよ。もし明日僕が死んだら、きっとスタジオは映像を公開するんじゃないかな。R指定、成人指定のシーンもあるけどね」

そもそもレトは『スーサイド・スクワッド』がR指定になることを望み、現場でもその希望を述べていたという。「いずれR指定になると思ってたんだよ。ヴィラン(悪役)の映画はそうであるべきだ」とレトはコメントしている。

もっともレトはジョーカー役への関心を失ったわけではなく、バットマンとジョーカーがしっかり共演する作品ハーレイ・クインとのスピンオフには強い興味を示している。一刻も早い再演を期待したい。

「予告編詐欺」に激怒したファンが訴訟へ

レトが落ち込んでいる一方、ジャレッド・レトのジョーカーを観たかったファンの一部は大激怒している。ソーシャルニュースサイト・Redditには、「予告編と本編があまりに違うのでワーナーとDCを訴える」という投稿すら見られた。

投稿主はこう書き込んでいる。

「『スーサイド・スクワッド』の予告編にはお金を払いたくなるようなジョーカーのシーンが含まれていました。だから私は、ワーナーとDCが宣伝に使っていたシーンのために映画を観に行ったんです。でもそのシーンは映画にはありませんでした。予告にあったシーンを観るべくロンドンまで300マイル運転したにもかかわらず、ワーナーとDCはそのシーンを私に観せなかったのです」

「このことは裁判沙汰にします。私は払い戻しを求めたい。映画代とスコットランドからロンドンまでの燃料費160ポンド、これを請求して裁判所から叩き出された私を指さして笑って、恥をかかせるといい」

「無意味なデタラメを止めましょう。『デラックス・プレミアム・スペシャル・ディレクターズカット・ゴールド・エクステンデッド・エディション・完全版』などという無意味なものにお金を払わせないようにしましょう。劇場で観られると宣伝されたものはきちんと劇場で観られるべきだし、人々は宣伝で見たものを基準にお金を払っているのです」

さて、製作元・配給元を訴えるかどうかは別にして、あなたはこの意見をどう考えるだろうか? ちなみに海外の情報によれば、『スーサイド・スクワッド』にジャレッド・レトは10分ほどしか出演していないようだ。

ハーレイ役マーゴット『スーサイド・スクワッド』ジョーカーの出番カット騒動「呑まれ過ぎた」 と語る

source:http://www.cosmicbooknews.com/content/enough-joker-cut-scenes-solo-movie-leto-wanted-r-rated-suicide-squad
http://comicbook.com/2016/08/09/suicide-squad-moviegoer-suing-warner-bros-for-falsely-advertisin/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • Yoshiko Nakano CL 2016年8月11日 at 2:49 PM

    私も「金返せ!」と叫ぶ「予告編鵜呑み派」です。3Dなんて、アナログでなら私の子供だった頃からあった技術だし、デジタルになったので、アニメなんぞとは画素数が大幅に違う実写が3D化出来るようになっただけで、浮かれて大枚叩いても、大した違いでもないし、どちらかといえば3Dに気が行くばかりに、話が頭に入らないというマイナス面も鼻につく。と言うわけで、基本「映画は2D芸術」と心得て、安く上げております。が、アバターはさすがに3Dで見るべきと思い、109箕面のIMAXへ行ったのですが、そこで見せられたのはディズニーさんの「チェシャ猫が、ドワ~ッと迫り出して来る」予告編でした。あまりの気持ち好さについまた3D/IMAX料金払って、1作目を。しかしながら、本編にチェシャが迫り出すシーンなんて無い!そこで止めときゃいい物を、またまた3D/IMAX料金払って、つい先月の2作目を。身に染みてわかりました。3D作品において、その3D効果が最も発揮されるのは、客を釣るための「予告編」なのだと。結局、あの気持ちよさは劇場で3Dメガネかけて見た「予告編」だけの物でした。2回の3D/IMAX料金、約5千円、返せ~!!本編で出て来もしない映像で客釣り上げるなんて、サギだ~!!と思う私には、ぜひとも彼女に勝訴してほしい物です。

    Reply