Menu
(0)

Search

ジャレッド・レト、「モービウス役にノーと言うのは不可能でした」─「ずっと変身に関心がありました」

モービウス
(C)2022 CTMG. (C) & TM 2022 MARVEL. All Rights Reserved.

『ヴェノム』シリーズに続く、マーベルの新たなるヴィラン映画『モービウス』に主演するジャレッド・レトが、キャラクターに対する想いを語っている。

『モービウス』でレトが演じる医師マイケル・モービウスは、天才的な頭脳を持ちながらも幼少時から血液の難病を患い、自らを実験台にコウモリの血清を投与したことで、ヴァンパイアのようなクリーチャーに変身できるようになる。

Apple TV+の新作ドラマ「WeCrashed ~スタートアップ狂騒曲~」と『モービウス』を宣伝するために、米Varietyの取材に応じたレトがモービウス役に心惹かれた理由を語った。

「このキャラクターがスクリーンに登場するのは、まさに初めてということで、とても気に入りました。これまで僕はずっと変身に関心を持っていて、その領域を開拓する方法がこのマーベル映画の大作だったわけです。“ノー“と言うのは不可能でしたよ。」

メソッド演技法による過酷な役作りで真向からキャラクターに取り組むことで知られるレトにとって、一人二役的な演技を要求されるモービウス役はチャレンジし甲斐があったに違いない。

『モービウス』でメガホンを取ったダニエル・エスピノーサは、「ジャレッド・レトは、モービウス役を演じることができる唯一の俳優でした。それは選択ではなく宿命だったのです」と力説。また監督は、「どれだけ彼が、医師のマイケル・モービウスから感情を搾り取れるかを目にするのは本当に驚きでした」とも語っていた。

『ダラス・バイヤーズクラブ』(2013)でアカデミー賞助演男優賞に輝いたレトが、どのようにモービウスを体現しているのか期待が高まるばかりだ。レトが「“ノー”と言うのは不可能だった」と語った映画『モービウス』は、2022年4月1日に日本公開。

Source:Variety

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly