Menu
(0)

Search

『ルイスと不思議の時計』ジャック・ブラックの吹替は佐藤二朗!日本語吹替版の特報映像が到着

ルイスと不思議の時計
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC

スティーヴン・スピルバーグのアンブリン・エンターテインメントが製作を務め、“ハリー・ポッターの原点”ともいわれるジョン・ベレアーズの著書を映画化する『ルイスと不思議の時計』が2018年10月12日(金)に日本公開される。

このたび本作の日本語吹替版で、ジャック・ブラック演じる“ポンコツ”魔法使いのジョナサン役を、数々の映画やドラマで活躍する俳優・佐藤二朗が担当することがわかった。佐藤氏の吹き替えによる特報映像および、ご本人のコメントが到着している。

佐藤氏にとって、洋画実写作品の吹替に挑戦するのは今回が初めて。声を担当する“ポンコツ”魔法使いのジョナサンは、両親を亡くした甥のルイスを引き取る愛情深さを持つ反面、ルールを破る者は絶対に許さないという厳しい一面を持つ人物だ。威厳がありそうで実はポンコツ、という憎めない悲哀たっぷりの“おじさん”を演じられるのは佐藤氏しかいない……ということが起用の理由になったとか。

ルイスと不思議の時計
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC

魔法使いであるジョナサンとの共通点を、佐藤氏ご本人は「ポンコツというところです。僕も完全にポンコツなので」と強調。

「僕は日本でポンコツの10人くらいに入ると思います。長くなるので全部は言いませんが、まずは寒さに弱くて暑さに弱い、非常に面倒な体質なんです。弱いものが沢山あって、静電気にも弱いです。あと嫁、お化け屋敷にも弱いし、方向音痴です。あとは高いもの、ジェットコースターは絶対ダメです。」

佐藤二朗さんコメント

ルイスと不思議の時計
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC

子供の時、テレビで夜に洋画を放送していたのですが、その時は吹替を観ていて、吹替でない洋画を初めて観たのは高校を過ぎたくらいでした。当時DVDは無かったし、レンタルビデオ屋さんも無かったので、洋画を観るとなるとテレビで夜やっていた「ゴールデン洋画劇場」や「日曜洋画劇場」の吹替でした。それで夢中になった声優さんもいたので、今回は嬉しいな、光栄だなと思いました。

僕は、ジャック・ブラックさんを『スクール・オブ・ロック』で拝見してすごく良い俳優さんだと思っていたので、光栄だと思ってやりました。ジャック・ブラックさんだから特に何か工夫したということはなく、ジャック・ブラックさんの芝居を見て、感じて、そのままやりました。ジャック・ブラックさんは良い意味でふざけたイメージがありますが、今回は、おちゃらけているけど甥っ子のルイスをすごく大事にしていたりなど、真剣なジャックさんの芝居を見れたので、僕もそこは外さないように一所懸命やりました。

ちょっと胸が躍るような、そして年齢も性別も関係なく皆が楽しめる作品だと思いますので、是非この秋、ご家族やお友達、あるいは恋人と映画館に足を運んでいただけると嬉しいです。すごく心が温まって、心が躍る作品だと思います。

ルイスと不思議の時計
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC

本作『ルイスと不思議の時計』の主人公は、両親を亡くした少年ルイス。叔父ジョナサンの古い屋敷に住むことになる。このおじさんは二流のポンコツだが、不思議な力を使える魔法使いだった。そして、隣に住むきれいで優しいツィマーマンは一流魔女。彼はそんな二人と時計がいっぱいの屋敷で不思議な暮らしを始めることとなる。ある日、屋敷に世界を破滅へと導く“時計”が隠されていることを知ったルイス。果たして、二人の魔法使いと“時計”を探し出して謎を解き、世界を救うことができるのか……。

映画『ルイスと不思議の時計』は2018年10月12日(金)より全国ロードショー。

『ルイスと不思議の時計』公式サイト:https://lewis-movie.jp/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly