Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』ILMのドキュンタリー米予告編 ─ 『アベンジャーズ』に『E.T.』、映画の魔法の裏側明かす

https://youtu.be/DM_XwzOK_98

スター・ウォーズ』『インディー・ジョーンズ』シリーズなどの特殊効果を手掛け、映画界に革新をもたらしてきた制作会社インダストリアル・ライト&マジック。そのVFX&特殊効果の制作会社に迫るドキュンメンタリーシリーズ「ライト&マジック」より、米国版予告編が公開された。

インダストリアル・ライト&マジックといえば、『スター・ウォーズ』などでおなじみのルーカスフィルムが所有する企業だが、『ターミネーター』『パイレーツ・オブ・カリビアン』『ハリー・ポッター』『トランスフォーマー』『アベンジャーズ』シリーズなどほかのスタジオ作品の特殊効果開発にも携わっており、アカデミー賞でも数多くの受賞歴を誇っている。

Disney+による「ライト&マジック」は、全6話構成。『スター・ウォーズ』の生みの親、ジョージ・ルーカスが今までにない特殊効果を作り出したいと考えたことから、本人が自ら立ち上げた制作会社にまつわる知られざる背景や舞台裏などに迫っていく。公開された予告編では、不可能を可能にしてきたインダストリアル・ライト&マジックについて、ジョージ・ルーカスやスティーブン・スピルバーグジェームズ・キャメロンロン・ハワードをはじめとするさまざまなクリエイターのインタビューやアーカイブ映像が映し出されている。

特殊効果がまだ確立されていない時代に、『スター・ウォーズ』を成功に導き、伝説を残すことになったインダストリアル・ライト&マジック。『スター・ウォーズ』ファンをはじめ、映画を愛する者たちにとっては夢のような作品となっていそうだ。

本作の監督・製作総指揮を務めたのは、ローレンス・カスダン。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980)『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還 』(1983)などの脚本家を手掛けたことでも知られている人物だ。製作総指揮にはほか予告編にも登場していたロン・ハワード、キャスリーン・ケネディらが名を連ねている。

Disney+ドキュンメンタリーシリーズ「ライト&マジック」は、2022年7月27日より配信開始。

Source: Collider

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly