Menu
(0)

Search

「10歳児にどんな映画にするか聞いて周って、その全部を取り入れたみたいな映画」、それが『ソー:ラブ&サンダー』だ

ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作ソー:ラブ&サンダーが2022年7月8日よりファン待望の日本公開となった。MCUヒーローの中では初の単独4作目となるソー。長寿シリーズになったからといって守りに入る様子は一切なく、むしろシリーズ史上最高に攻めて遊んだ一作となっている。

監督は前作『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)から続投のタイカ・ワイティティ。『バトルロイヤル』ではソーの神話的世界にコメディ要素を大胆に取り入れてキャラ人気を築いた。続く『ラブ&サンダー』でも笑いの雷鳴を轟かせる。

どれほどクレイジーか?ワイティティは以前、『ラブ&サンダー』を観た後では、あの『バトルロイヤル』ですら「平凡で守りに入った作品に感じられるようになるかも」と予告。さらに、『ラブ&サンダー』を「そこらへんにいる大勢の10歳児にどんな映画にするべきかと聞いて回って、その全員に“了解”と答えたような映画」とも表現していた。

『バトルロイヤル』のようなシュールな掛け合いに加え、『ラブ&サンダー』は「なんじゃこりゃ!」と吹き出してしまうようなギャグも満載。ヴィランである“神殺し”ゴアとの戦いはシリアスで手に汗握るが、コメディパートはお笑い満載だ。劇場では頭を空っぽにして、ラブとサンダーを全身に浴びてきて欲しい。

『ソー:ラブ&サンダー』は公開中。

ネタバレなしレビュー

Source:Collider

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly