Menu
(0)

Search

内閣府、海外映画・ドラマのロケ誘致プロジェクトを開始 ─ 製作費を一部支援、地方への誘致も目指す

Photo by Alexandre .L on Unsplash

内閣府による、海外の映画・ドラマのロケ誘致プロジェクトがついに始動する

特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)によれば、内閣府は「大型映像作品ロケーション誘致の効果検証調査事業(外国映像作品ロケ誘致プロジェクト)」を開始。日本での撮影・製作を含む、海外の大型映像作品(実写映画・テレビドラマ・ネットドラマ)について、製作費の一部が実費支援されるという。

このプロジェクトは、日本のインセンティブが海外大型映像作品の撮影ロケ誘致に対してどのような効果があるのか、またロケ誘致が地域経済の振興などにどのような効果をもつのかを、実際にロケを誘致することで定量的・定性的に把握するもの。都市部のみならず、地方へのロケ誘致も目指す。地方自治体や地方フィルムコミッションが関与し、フィルムコミッションの機能強化や、地域内・地域間連携などの促進によるロケ環境の改善、地域のPR力拡大も目的とする。

これに先がけては、『G.I.ジョー』シリーズ最新作G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズが、内閣府が実施する外国映像作品ロケ誘致に関する実証調査の対象作品として採択されていた。同作は、日本各地でロケ撮影される作品としてはハリウッド映画史上最大規模と伝えられている。今回のプロジェクト始動により、さらに積極的なロケ誘致が期待されるところだ。

支援の対象となるのは、「日本を撮影ロケーションに含んで製作される、海外の大型映像作品(実写映画、テレビドラマ、ネットドラマ)」。詳細はVIPO公式サイトの応募要項より、「5. 申請対象資格基準」をチェックしてほしい。 なお「海外からの誘致」とみなされる条件については、出資比率などの状況を勘案しつつ、案件が事業趣旨にとって適切なものかが総合的に判断されるとのこと。

新型コロナウイルスの影響による各国の状況を鑑み、申請の受付開始時期は未定。開始時期はVIPO公式サイトやメールニュースなどで告知される。なお、検討中の企画・撮影スケジュールなど、事前相談には応じてもらえるとのこと。

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly