Menu
(0)

Search

「ロキ」第1話の『アベンジャーズ/エンドゲーム』回想シーン、新規撮影の映像あった

ロキ
(C)2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマシリーズロキは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)のシーンから始まった。第1話『大いなる目的』は、四次元キューブを求めて2012年にやってきたアイアンマン/トニー・スタークらが作戦に失敗し、ロキにキューブを持ち去られてしまう場面で幕を開ける。

よく見ると、このシーンには『アベンジャーズ/エンドゲーム』本編には見られなかった映像が含まれている。「ロキ」監督のケイト・ヘロンは、本作のため、新たに映像を撮り足していたことを明らかにした。

この記事には、「ロキ」第1話『大いなる目的』冒頭シーンのネタバレが含まれています。

 ロキ
(C) 2021 Marvel

ロキのクローズアップ、新規撮影だった

The Hollywood Reporterにて、ヘロン監督は『アベンジャーズ/エンドゲーム』の未使用映像とともに、新規映像を撮影して冒頭シーンを組み立てたことを明かしている。ポイントは、この作品があくまでもロキを主人公とする物語であること、その始まりを告げるシーンであることだった。

「(冒頭シーンには)新しく撮影したショットも入っています。第1話に入れた(『アベンジャーズ/エンドゲーム』の)シーンは自由にアクセスできたので、映画に入っていなかった映像やテイク、アングルも実際に使用し、おなじみのシーンの構造に混ぜ合わせています。ロキの視点に近づきたかったので、エレベーターの中で手を振るショットも撮りました。」

すなわち、アベンジャーズに連行されるロキがエレベーターに乗り込み、乗りそびれたハルクに手を振るショットは今回のために撮り下ろされたもの。ちなみにヘロン監督は黒澤明監督『羅生門』(1950)を挙げながら、「ちょっとした『羅生門』のようなものと言ってもいいでしょう」と言っている。「見たことのあるシーンですが、新たなレンズを通して見せるということです」。

ディズニープラスで配信されているMCUのドラマシリーズでは、「ワンダヴィジョン」(2021)「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021)そして「ロキ」と、過去のMCU映画で描かれなかった場面を掘り下げる、または映画の出来事を別の視点から見せるという趣向が続いている。もっとも本作の場合、物語の出発点に撮影・編集レベルの仕掛けがあったところがポイントだ。『アベンジャーズ/エンドゲーム』と「ロキ」を見比べて相違点を見極めるのも、きっと配信サービスならではの楽しみだろう。

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ「ロキ」は配信中。

Source: The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly