Menu
(0)

Search

マーベルドラマ「ロキ」は複数シーズン展開の方針 ─ マーベル幹部が認める

ロキ
(C)2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新作ドラマシリーズロキは、やはり複数のシーズンを前提に製作されているようだ。マーベル・スタジオ幹部のネイト・ムーア氏が、米IndieWireの取材にて認めている。

「ロキ」は『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)後の世界を舞台に、トム・ヒドルストン演じるロキが再び“暗躍”する物語。シーズン2製作の可能性は2021年1月に報じられていたが、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は「(シリーズのありかたは)多様なもの」と述べ、あくまでも明言を避けていた。

今回、ムーア氏は「これは秘密ではないと思いますが、『ロキ』のストーリーテリングには非常に大胆かつクレバー、クールなところがあります。それは一度きりではなく、複数のシーズンに展開されることがふさわしい」と発言。これは「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」がエミー賞のドラマ・シリーズ部門に提出されることを受けて、今後、複数シーズンにまたがる作品の可能性を問われた際に「ひとつ思いついた」として回答されたものだ。マーベルはドラマ作品の将来的な計画を基本的に明かしていないため、「ロキ」は極めて珍しいケースと言える。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』では、過去の世界でアベンジャーズに捕縛されたロキが、ひょんなことから四次元キューブを手に入れて逃走に成功。ところが本作では、ロキが“時間の流れを守る”という謎の組織TVA(Time Variance Authority)に再び捕まり、自分が改変した現実を元に戻す任務に挑むことになる。シリーズは全6話構成(各話40~50分予定)だが、どのように物語が拡張されていくのかも見どころと言えそうだ。

なおムーア氏は、ロキ役のトム・ヒドルストンについて「最高の仕事をしてくださっています。本当に素晴らしい」とコメント。「これまでも見事なお仕事をなさっていますが、この作品では(トムの)さまざまな側面を、本当の幅広さをお見せします。みなさんを驚かせることになりますよ」と自信を語った。

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ「ロキ」は2021年6月11日(金)16時に日米同時配信。

Source: IndieWire

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly