Menu
(0)

Search

マーベルドラマ「ロキ」2021年春に米国配信決定 ─ トム・ヒドルストン主演、新タイトルロゴも発表

マイティ・ソー バトルロイヤル
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

トム・ヒドルストン主演、『マイティ・ソー』雷神ソーの弟ロキを主人公とするドラマシリーズ「ロキ(原題:Loki)」が、ディズニーの新ストリーミング・サービス「Disney+」にて2021年春に米国配信されることがわかった。米マーベル・スタジオが、ポップカルチャーの祭典「サンディエゴ・コミコン(Comic-Con International: San Diego 2019)」にて発表した。このたび、新タイトルロゴもお披露目となっている。

「ロキ」の詳細は不明だが、「トリックスターであり、容姿を自在に変化させる能力を持つロキが、人類史のあちこちに登場しては歴史上の出来事に思わぬ影響を与えていく」というストーリーになるとのこと。以前発表されたコンセプトアートには、映画『ジョーズ』(1975)の看板や当時のファッションなどが描かれていた。

あわせて読みたい

本作でエグゼクティブ・プロデューサー&脚本を担当するのは、アニメ「リック・アンド・モーティ」(2013-)に携わるマイケル・ウォルドロン。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)を経て、ロキの物語がどのように展開されるのかが大きなポイントとなるが、それ自体が最大のサプライズとなっている可能性も高そうだ。なお、両作を手がけたアンソニー&ジョー・ルッソ監督は「ロキ」には関与していない。

ちなみに、『マイティ・ソー』(2011)からロキ役を演じてきたトム・ヒドルストンは、以前本作について「(ロキの)新たな旅立ちになります…が、なぜそうなのかは言えません」語っていた

ドラマ「ロキ(原題:Loki)」は、ディズニーによる映像配信サービス「Disney+」にて2021年春に米国配信予定。

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly