Menu
(0)

Search

【ネタバレ】「ロキ」タイムキーパー、声の主が判明 ─ 第6話登場のキャラクター演じた俳優だった

ロキ
(C)2021 Marvel

この記事には、「ロキ」のネタバレが含まれています。

「ロキ」では、これまで存在が伏せられていた神聖時系列というタイムラインを軸にストーリーが展開されていった。この神聖時系列を治める役割として登場したのが、タイムキーパーと呼ばれる者たち。彼らの名前はストーリー序盤から出てきてはいたものの、実際に姿を見せたのは後半、第4話でのことだった。

TVAに疑念を持ち始めたロキやシルヴィはタイムキーパーを黒幕と思い込んでいたが、いざ対峙するとその正体がアンドロイドであったことが判明。低くこもった声が特徴的なタイムキーパーはフェイクであった。全6話の配信が済んだ後、米Entertainment Weeklyの取材に応じたヘロン監督は、このタイムキーパーに関する新事実を明かしている。いわく彼らの声を務めたのは、最終話に登場した物語の本当の黒幕「在り続ける者」を演じたジョナサン・メジャースだったというのだ。

「タイムキーパーの声優を起用していなかったのは、私にとってすごく面白いことでした」と語るヘロン監督は、「“ジョナサンにやらせよう”と思い立ったんです」と振り返る。その理由について、ヘロン監督は「彼は素晴らしい性格俳優だからです」と、メジャースの演技力を買っての判断だったことを明かした。「彼にキャラクターの画を送ったんですけど、彼はそれぞれのキャラクターにあわせて変えて録ってくれた声を送り返してくれて、とても面白かったです」。

タイムキーパーの声をメジャースが務めたのは、結果として結末への伏線にもなった。最終話、タイムキーパーが偽物と分かったロキたちは、虚無の世界に存在する時の終わり「シタデル」に向かい、メジャース演じる「在り続ける者」と対峙することとなったからだ。「在り続ける者」は、マルチバース間の戦争を防ぐためにTVAやタイムキーパーを創造。このことを自らロキたちに伝えた。

なお、「在り続ける者」登場の伏線は、タイムキーパーの声だけではなく、物語の舞台のひとつとなったTVA本部内にも仕掛けられていたことが判明済み「シタデル」の城に見られた金の筋の入った黒石が、TVA内のあらゆる場所に散りばめられていたのだという。

あわせて読みたい

Source: Entertainment Weekly

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly