Menu
(0)

Search

クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラー、ロンドンでクリスマス・イルミネーション点灯 ─ 映画『ボヘミアン・ラプソディ』を祝して

クリスマス・イルミネーション点灯式に ブライアン・メイ、ロジャー・テイラーが登場 ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox

早いもので、クリスマスの季節が近づいている。イギリスのロンドンでは、クイーン(QUEEN)のブライアン・メイ(ギター)とロジャー・テイラー(ドラム)がクリスマス・イルミネーションの点灯式に登場した。クイーンを描く映画『ボヘミアン・ラプソディ』の公開を記念するもので、ヴォーカルのフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックをはじめ、グウィリム・リー(ブライアン・メイ役)、ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー役)、ジョー・マッゼロ(ジョン・ディーコン役)ら “クイーン”を演じた4人とルーシー・ボイントン(メアリー・オースティン役)も駆けつけた。

クリスマス・イルミネーション点灯式に ブライアン・メイ、ロジャー・テイラーが登場 ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox
クリスマス・イルミネーション点灯式に ブライアン・メイ、ロジャー・テイラーが登場 ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox

点灯式はイギリス現地時間2018年10月21日よる20時。キャスト・スタッフによりカウントダウンが始まり、スイッチが押されると、クイーンの名曲の歌詞と共に『ボヘミアン・ラプソディ』にデコレーションされたイルミネーションが一斉に点灯、同時に花火が上がった。

クリスマス・イルミネーション点灯式に ブライアン・メイ、ロジャー・テイラーが登場 ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox

その様子に、主演のラミ・マレックは「俳優として、伝説のバンド『クイーン』の物語を演じ、バンドを讃えることが出来たことが、人生最大の喜びです。今日集まってくれた人たちに感謝しています」と述べ、撮影ではフレディ・マーキュリーの実妹と会ったことも明かした。

クリスマス・イルミネーション点灯式に ブライアン・メイ、ロジャー・テイラーが登場 ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox

続けて現地時間23日夜(日本時間24日早朝)には、同作ワールドプレミアの開催も決定。かつてクイーンが20世紀最大の音楽イベント“ライヴ・エイド”で、圧倒的なパフォーマンスを披露し伝説となった会場 “ウエンブリー・スタジアム”に隣接する“ウエンブリー・アリーナ”で開催されるという。

ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、2018年11月9日(金) 全国ロードショー 。クイーンの名盤を聴きながら公開を待とう!

配給:20世紀フォックス映画

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly