Menu
(0)

Search

ロキ役トム・ヒドルストン、マーベル映画のアドリブで一番のお気に入りは「助けて」 ― エリザベス・オルセン、衝撃の回答

マイティ・ソー バトルロイヤル
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

映画『マイティ・ソー』『アベンジャーズ』シリーズでロキ役を演じてきたトム・ヒドルストンが、マーベル・シネマティック・ユニバース作品で最もお気に入りのアドリブ(即興演技)を明かした。2018年10月14日(米国時間)、スカーレット・ウィッチ役のエリザベス・オルセンと登場した「Ace Comic Con Midwest 2018」にて語っている。

注意

この記事では、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』の内容に言及しています。

マイティ・ソー バトルロイヤル
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

ファンから「マーベル映画でお気に入りのアドリブ・シーンを教えてください」と尋ねられたトムは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)時点では「“助けて”が一番ですね」と語っている。

“助けて”とは、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)でソーとロキがエレベーターで話し合い、協力して敵と戦う「助けて作戦」のことだ。ロキの肩を担いだソーが「助けてくれ!弟が死にかけてるんだ!」と絶叫しながら敵に近づき、そのままロキを投げつける、ほぼ勢いだけの戦闘方法である。本編でも出色の名シーンだが、米マーベルが公開している映像で改めてご覧いただきたい。

タイカ・ワイティティ監督がメガホンを取った『マイティ・ソー バトルロイヤル』では、なんと本編の大部分が即興演技で撮影されたという。脚本をもとに現場であらゆる提案を取り入れ、即興演技によってシーンを構築しながら、編集段階で形を整えていく。そうしたスタイルが採用されたがゆえだろう、もちろん「助けて作戦」も即興で生まれていたのである。

(「助けて作戦」は)撮影の当日に思いついたものです。つまり、あれはソーとロキが使っていたイタズラなんですよ。子どもの頃は遊びでよくやっていたけど、ずいぶん前にやらなくなってしまった。ただ、昔はよく成功していたし、今回もうまくいくかもしれない。最後の奥の手なんです。でもロキは“やりたくない、屈辱的だ”って嫌がってる。ソーの方は兄らしく“いけるって、やろうぜ”って言う。それで、成功する。」

以前タイカ・ワイティティ監督は、この場面がソー役を演じるクリス・ヘムズワースのアイデアだったことを明かしていた。すなわち、ソーがロキに作戦を提案するがごとく、クリスがトムに「助けて」を提案していたわけである。実はトムには、この即興演技を気に入っている特別な理由があるようだ。

僕は、あの場面がただ愉快なだけじゃないところが大好きなんです。みなさんに、二人の兄弟としての深みを知ってもらえますよね。そういうシーンを、僕はとても特別なものだと思っているんです。」

ちなみにエリザベス・オルセンは、一番お気に入りのアドリブ・シーンを「マーク・ラファロ(ハルク役)とのシーン全部」だと語っている。「マークは(セリフを)全部作っちゃうんですよ、科学や技術のところ以外。とにかく言い間違えたり、思い出せなかったり(笑)。いつも面白いこと、変なことを言ってて…超楽しいんです」。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』MovieNEXは発売中。

Sources: Ace Comic Con, ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly