Menu
(0)

Search

「ロード・オブ・ザ・リング」新ドラマ、映画版では「見たことがないような作品」に ─ ゼロからの製作、プロデューサーが強調

ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪
(c)Amazon Studios

2022年9月2日よりAmazon Prime Videoで配信となる「ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪」は、『ロード・オブ・ザ・リング』や『ホビット』の遥か数千年前を舞台に、「中つ国」の‟第二紀”に焦点を当てた物語だ。しかし同シリーズのクリエイター、J・D・ペインとパトリック・マッケイは、いわゆる映画版の‟前日譚”として制作するつもりはないようだ。

マッケイは米Entertainment Weeklyに、「我々は、皆さんにお馴染みの世界の若いバージョン、つまりちょっとした前日譚のような作品には興味がありませんでした」とコメント。「ずっと昔に遡り、自分の足で立って存在できるストーリーを見つけたかったのです。この作品は我々がふさわしいと感じたレベル、スケール、深さで、まだ語られていないと感じた作品でした」。

またペインも「‟これを正しく描く必要がある”ということに、ただひたすら集中しました」と話し、「今まで見たことがないような作品です。人々は、エルフやドワーフがどのような姿をしているか、どのような王国なのか、ある程度のイメージを持っていますよね。でもヌーメノール王国は、ある意味で真っ白なキャンバスだったのです」と、テレビシリーズ版が独自の物語になることを強調した。

以前にもマッケイは、「力の指輪」は映画版と張り合うつもりはないと述べ、独自のクオリティを追求する姿勢を示していた。シーズン1だけで制作費4億6,500万ドルと報じられた同シリーズは、少なくとも5シーズンが制作される予定だ。製作陣は、現時点ですでに最終話のラストショットがどうなるかまで把握しているらしく、完成度の高いシリーズになることは間違いないだろう。オリジナルファンすら見たことないような作品となる「力の指輪」に、ますます期待が高まるばかりだ。

ドラマ「ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪」は2022年9月2日より Prime Video にて独占配信予定。

あわせて読みたい

Source: Entertainment Weekly

Writer

Kyoko
KyokoKyoko Okajima

アメリカ留学、大手動画配信サービスの社員を経て、ライターに転身。海外ドラマが大好きで、永遠のNo.1は『ブレイキング・バッド』と『ベター・コール・ソウル』。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly