Menu
(0)

Search

『トゥームレイダー』続編映画、製作頓挫の可能性 ─ MGMが権利喪失、新キャスト起用も検討

映画『トゥームレイダー ファースト・ミッション』
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.

かねてより企画されてきたトゥームレイダー ファースト・ミッション』(2018)続編映画の製作が頓挫している可能性が浮上した。米DeadlineThe Wrapなどが報じている。

人気ゲームを原作とする『トゥームレイダー』の映画版は、これまでアンジェリーナ・ジョリーが主人公のララ・クロフト役を務めたシリーズ2作と、アリシア・ヴィキャンデル主演のリブート版『ファースト・ミッション』が製作されている。『ファースト・ミッション』続編は2019年4月に企画が報じられ、2021年5月には監督のミシャ・グリーンが脚本初稿の完成を報告していた。

ところがThe Wrapによると、MGMは『トゥームレイダー』の映画化権を2022年5月をもって喪失しており、すでにヴィキャンデルも続編には関与していないとのこと。権利は原作ゲーム側に戻っているため、現在は『ファースト・ミッション』の製作会社GK Filmsを代理人として、再び映画化権をめぐる入札合戦が行われているという。

またDeadlineは、GK Filmsが新たな主演俳優を探していることも報じている。すなわちGK Filmsは新たな映画版『トゥームレイダー』にも引き続き関与するとみられるが、再びシリーズごとリブートする意向なのだろうか。監督に就任していたミシャ・グリーンが引き続き関与するのか、執筆されていた脚本が今後どう扱われるのかもポイントとなりそうだ。

なお『ファースト・ミッション』の続編については、2022年7月中旬にヴィキャンデルが「MGMとAmazonの買収で全くわからなくなりました。今は政治のようなものです」と語っていた。この発言が映画化権の移行を示唆していたと思われる。

あわせて読みたい

Source: Deadline, The Wrap

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly