Menu
(0)

Search

ルーカスフィルム、『スター・ウォーズ』出演者のCGアーカイブを実施 ― 『最後のジェダイ』で活用済み、今後も「CGクローン」製作か

映画『スター・ウォーズ』シリーズの製作を統括しているルーカスフィルムが、今後、映画出演者のデジタル・アーカイブを実施する方針であることがわかった。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)でVFXスーパーバイザーを務めたベン・モリス氏が明かしている。

俳優の「CGクローン」、今後も製作可能に?

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)は、映画界に、映画ファンに大きな衝撃を与えた作品だった。1994年にこの世を去った俳優ピーター・カッシングが、『エピソード4/新たなる希望』(1977)と同じ姿でターキン総督として登場。これは代役の俳優にCGのターキン総督を組み合わせることで生まれた、いわば「CGクローン」ともいうべきものだったのである。同じ方法で、同作のラストには若かりしレイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)も姿を見せた。これは公開当時、倫理面からも大きな物議を醸している。

ではルーカスフィルムは、今後こうした「CGクローン」を作るのだろうか? すぐに作らないとしても、その可能性をどのように捉えているのか……。米Inverseのインタビューにて、俳優陣のデジタル・アーカイブについて尋ねられたモリス氏は、決してその存在を否定していない

「映画に登場する主要な俳優は、つねに全員(デジタル・)スキャンしていきます。必要かどうかはわかりませんし、アーカイブとしてスキャンするのではありません。追って参照するためのものです。若い俳優、年を取った俳優、全員が対象です。」

モリス氏によれば、スキャンによってアーカイブが残されるのは、エイリアンまで含むありとあらゆる出演者だという。「アーカイブが目的ではない」「追って参照するためのもの」と明言されている以上、すでに「CGクローン」の可能性を見越したものであることは間違いないだろう。

注意

以下の内容には、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のネタバレが含まれています。

©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

レイアの宇宙遊泳、CGと生身の組み合わせだった

モリス氏によれば、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の製作には出演者のCGアーカイブが活用されていたという。
2016年12月に死去したキャリー・フィッシャーのデジタル・スキャンを利用して、劇中でも印象的だった「レイアの宇宙遊泳」は作られたのだ。ファースト・オーダーの攻撃によって宇宙空間に放り出されたレイアは、フォースの力を使って自力で帰還する。製作費の事情でシーン全体を撮影することができなかったため、CGとの“合わせ技”が採用されたそうだ。

デジタル・アニメーターのステファン・アルピン氏は、その舞台裏をこう説明している。

「キャリーが演じたのをライアン(・ジョンソン監督)が撮ったものがありました。そこで、真空状態の彼女が氷に覆われていくなど、いくつかのアイデアを加えられたんです。そこでCG作業や、彼女(キャリー)をCGバージョンに置き換える必要がありました。彼女の演技をそのまま維持しながら、必要な部分にアニメーションを合成する。ですから、ほとんどすべてがキャリー自身なんですよ。」

レイアが宇宙に漂うシーンは、キャリーに非常に気を遣って撮影が行われたという。キャリーの近くで爆発を起こさない、スタントは本人が演じないなど、複数の条件が“合わせ技”の使用を後押ししたのである。

「複数の方法で撮影して、あとから表面にデジタル処理を加えました。(宇宙へ)吸い出されるところはデジタルのレイア、本人に(カメラが)寄るところはキャリー自身、砕けた岩の間を飛ぶところはミックスです。キャリーにワイヤーを付けられなかったので、あとから(デジタルに)置き換えるため、スタントパーソンの演技を使用しました。」

この方法は、『ローグ・ワン』でピーター・カッシングや若きキャリー・フィッシャーを登場させたのと同じものだ。すでにルーカスフィルムは、『最後のジェダイ』撮影当時のキャリー・フィッシャーのデジタル・アーカイブを保有しているのだろう。

先日マーク・ハミルは、若い頃のルーク・スカイウォーカーをCGで復活させることに賛成だと述べていた。おそらくルーカスフィルムは、彼のアーカイブもおそらく保有しているものと思われる。「事実は小説より奇なり」という言葉があるが、『スター・ウォーズ』の映画製作は、もはやそれ自体がSF映画の世界に肉薄しつつあるようだ……。

Source: Inverse

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly