Menu
(0)

Search

ルーク・スカイ・ウォーカーさん指名手配、マーク・ハミルも思わず反応

https://twitter.com/HamillHimself/status/1159179444721876992

嘘だ!

ルーク・スカイ・ウォーカー(Luke Sky Walker)という男が、被害額1,000ドルを超える窃盗の疑いでお尋ね者となった。


タトゥイーン……ではなく、米テネシー州のルークは、これまでにも何度か逮捕歴があった。2017年には46枚の道路標識を集団で窃盗したためで、2018年12月には重窃盗罪に対する保護観察違反のために逮捕されていた。この時『スター・ウォーズ』ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルは、「この真犯人は(名付け親の)夫妻だろう。ウォーカーの名が、そもそもこんな哀れな男に付けられているなんて」「ストームトルーパーにしてはチビだね」とコメントしていた。

懲りずに窃盗の罪でお尋ね者になったと聞いて、マーク・ハミルも再び反応せざるを得なかった。「誰も頼んでいない、誰も観たくない続編だね」「手癖の悪いルーク」「窃盗犯の逆襲」

この珍事件を、現地メディアも『スター・ウォーズ』のユニークな描写を加えて伝えている。wkyc3は「ルーク・スカイ・ウォーカーがお尋ね者になった。帝国軍のではなく、テネシー州の保安官事務所のだ」、New York Daily Newsは「ポリス・フォースの覚醒」と書いた。WTVCによれば、現地保安官事務所はFacebookにて、ルーク容疑者はライトセーバーの武装、X−ウイングでの飛行の事実はなく、また片腕を失っていることもなかったと投稿していた。

Source:wkyc3,New York Daily News,WTVC

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly