Menu
(0)

Search

デヴィッド・リンチ&ザック・スナイダーの共通点や相違点とは ─ 両監督作出演の俳優が語る

デヴィッド・リンチ&ザック・スナイダー
Photo by Sasha Kargaltsev https://commons.wikimedia.org/wiki/File:David_Lynch_by_Kargaltsev.jpg | Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28487603362/ | Remixed by THE RIVER

ドラマ「ツイン・ピークス」シリーズや『イレイザーヘッド』(1976)『マルホランド・ドライブ』(2001)などでおなじみのカルトの帝王、デヴィッド・リンチ。『ドーン・オブ・ザ・デッド』(2004)『ウォッチメン』(2009)などエンターテインメントにあふれたアクション映画に定評のある監督、ザック・スナイダー。両者は一見して対極の存在にありそうだが、どうやらそんなこともないようだ。

リンチによる「ツイン・ピークス The Return」(2018)、スナイダーによる『アーミー・オブ・ザ・デッド』(2021)と、ふたりの作品に共通して出演する俳優アナ・デ・ラ・レゲラが、米Games Raderにて彼らについて語った。「ふたりは全くもって異なる存在ですが、そんなふたりに共通しているのは、彼らが一緒に仕事して楽しいと思える人たちということです」と話している。

「彼らはいつも最高の気分でいて、誰にでも優しく接していました。誰もがふたりと仲良くなりたいと思っていて、彼らから何かを学びたいと考えているでしょう。ふたりのそういうところが好きなんです。素晴らしいユーモアにあふれたセンスをもっています。」

もっともレゲラは、「監督としては大きく異る」とも語っている。その違いは映画製作への取り組み方にあるのだという。「ザックはとにかく見守るような方で、自信を私たちに与えてくれるのです」。一方でリンチは、「とにかく奇妙な方法で演出する方です。“好きなことを全部やってみなさい。3分間の沈黙を取っても構わないし、すぐに返事しても良い。感じるがままにやってみよう”みたいな」手法を取るのだという。

一見、俳優陣に自由を与えるという意味では共通しているようにも思えるが、レゲラによるとリンチは「よりスピリチュアルなところがある」とのことで、スナイダーは「どちらかというとティーンエイジャーで、若くて興奮している子供のよう」だという。たしかにその違いは作風からも垣間見れる気がする……。

あわせて読みたい

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly