Menu
(0)

Search

マコーレー・カルキン、ついに『ホーム・アローン』を大人のジョークに使う ─ 38歳、とにかく笑いに貪欲

https://www.youtube.com/watch?v=wCvBveM9BVM サムネイル

1990年、映画『ホーム・アローン』に主演して世界中の観客に愛されたマコーレー・カルキンは当時10歳だった。それから28年が経った2018年12月現在、マコーレーは38歳。当然、大人のジョークも言う

先日、マコーレーは米国のテレビ番組「The Tonight Show Starring Jimmy Fallon」に出演。司会者のジミー・ファロンは『ホーム・アローン』の話題を出すと、マコーレーに「今の季節はマコーレー・カルキンにとって一番イイ時期ですよね!」と詰め寄った。マコーレーは「そう、そうですね」と答えると、クリスマス・シーズンの“過ごし方”について語り始めたのである。

マコーレー・カルキン、『ホーム・アローン』を大人のジョークに使う

マコーレーにとって、クリスマス・シーズンは「自分がマコーレー・カルキンであることをいつもより強く認識する」時期なのだそう。「ちょっとした波があるんで。今、上り調子ですよ」というマコーレーに、ジミーは「だって、めっちゃテレビ出てますもんね」と一言。そう、クリスマス・シーズンといえば『ホーム・アローン』がテレビで放送されるにふさわしい時期である。

「めっちゃテレビ出てる」を肯定したマコーレーは、「だからこういうことがあるんですよ」と続ける。

「新しい彼女ができて、家でテレビのチャンネルを変えてたら、『ホーム・アローン』をやってるんです。そしたら彼女が“あっ、これ観たい?”って言うんで、僕の方から“マコーレー・カルキンと一緒に『ホーム・アローン』観たくない?”って聞くんですよ。そしたら“観る~”って言われる(笑)。」

ジミーから「それ、実際にやってたんですか?」と聞かれたマコーレーは、「超やってました」と即答。

「それでだいたい、自分のせりふを小声でささやくんですよね。“釣りは取っとけ、ブタ野郎”とか。」

これにジミーが「ちょっと!」と爆笑すると、マコーレーは「とにかく、なにか言うと彼女が“やる気”を出してくれるんで」と一言。元・名子役による突然の大人向けジョークには、さすがのジミーも眉間を押さえて苦笑いするしかなかった。すぐさまマコーレーが音楽のキューを出すと、ミュージシャンも苦笑いのままドラムを叩きだす。一連の様子は上の映像でご覧いただきたい。

マコーレー・カルキン38歳、とにかく笑いに貪欲

それにしてもマコーレー・カルキン38歳、いったい何を言っているのか。しかし、どうやら現在のマコーレーはとにかく笑いに貪欲な様子である。2018年1月にはライフスタイル・コメディサイト「BunnyEars.com」を設立し、自身のミドルネームである「カーソン」を変更するため、読者に新ミドルネームの投票を求めているのだ。

2018年12月21日現在、ぶっちぎりの票を得ている新ミドルネームは「マコーレー・カルキン」。無事に採用されると、マコーレーのフルネームは「マコーレー・マコーレー・カルキン・カルキン」となる。その他の候補は米国のサメ番組と同名の「シャーク・ウィーク」、弟で俳優のキーラン・カルキンと同じ「キーラン」、マクドナルドの期間限定メニューを取り入れた「ザ・マックリブ・イズ・バック(マックリブが帰ってきた)」、そして「パブリシティ・スタント(売名行為)」がある。うーん、マコーレー・売名行為・カルキンも捨てがたい……。

さらに「BunnyEars.com」ではオリジナルグッズの通信販売も行われており、その目玉商品がこちら。その名も「マコーレー・カルキンによるマコーレー・カルキンのためのマコーレー・カルキンTシャツ」である。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Everyone is allowed to be a little Macaulay for a day but only if you buy this shirt! Link in bio or… http://Bunn.fun/mackshirt #shamelessplugsaturday

Macaulay ‘Instagram’ Culkinさん(@culkamania)がシェアした投稿 –

自身のウェブサイトのほか、マコーレーはゲーム版『ホーム・アローン』をとにかくこき下ろす動画に出演しては涙目で嘆く芸を見せ、同じく主演映画『ページマスター』(1994)のゲーム版を実況プレイしてみたり、ついにはGoogleアシスタントのCMで『ホーム・アローン』のケビン役を28年ぶりに再演するに至った。お気づきであろうか、マコーレー・カルキンは順調に復活を果たしつつある

早すぎた大ブレイクのために両親が離婚、プライベートが安定しない中で仕事にも恵まれなかったマコーレーには、かつて麻薬中毒説や死亡説すら流れていた。順風満帆な人生とは言いがたかっただろうが、38歳になった今、彼は『ホーム・アローン』の呪縛を乗り越え、セルフパロディにも積極的に取り組んでいるのである。10歳のケビン少年を繰り返し観てきた映画ファンなら、その姿には笑いどころか感動すらおぼえるだろう。

マコーレーの最新作は、セス・グリーン監督による2019年公開のコメディ映画『Changeland(原題)』。スクリーンで再びの活躍が観られる日を楽しみに待ちたい。

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly