Menu
(0)

Search

『東京コミコン 2017』マッツ・ミケルセン来日決定!全日程来場、写真撮影会やサイン会が開催予定

2017年12月1日(金)から3日(日)までの3日間、幕張メッセ(千葉県美浜市)にて開催される『東京コミックコンベンション 2017(略称:東京コミコン 2017)』のゲストとして、マッツ・ミケルセン氏の来日が決定した。

マッツ氏は期間中全ての日程に来場し、当日は会場において写真撮影会やサイン会等も予定される。撮影会・サイン会チケットは「チケットぴあ」( http://pia.jp/ )および海外向けサイト( http://hollycontokyo.com/ )にて販売予定。

マッツ・ミケルセン氏(提供:東京コミックコンベンションPR事務局)

マッツ氏と言えば、『007 カジノ・ロワイヤル』(2006)ル・シッフル役や海外ドラマシリーズ『ハンニバル』 (2013~)ハンニバル・レクター役で人気を樹立。『ドクター・ストレンジ』(2016)や『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)といった人気大作に立て続けに出演し、日本でもファンを中心に高い知名度を誇る。2017年1月には『ドクター・ストレンジ』のプロモーションでも来日しており、前回から1年を待たずしての嬉しい再来日となった。

東京コミコンは、マーベルの名誉会長を務め、「スパイダーマン」や「X-メン」などのコミックの原作者としてアメリカのコミック業界に変革をもたらした「ポップ・カルチャーの父」スタン・リーと、Apple 共同創業者の一人で「テクノロジーの王」と言われているスティーブ・ウォズニアックとの出会いが、米国「シリコンバレー・コミコン」として結実。そのウォズニアックが「東京コミコン」を提唱したことから始まり、2016年12月に第一回が開催、大盛況のうちに幕を閉じた。

スティーブ・ウォズニアック氏(提供:東京コミックコンベンションPR事務局)

さらにスケールアップした第2回東京コミコンでは、この度発表されたマッツ・ミケルセン氏ほか、スティーブ・ウォズニアック氏の来日も発表されている。前売入場券は10 月 1 日(日)午前 10:00 より、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスにて販売を開始。

チケットぴあ: http://w.pia.jp/t/tokyocomiccon/
ローソンチケット:http://l-tike.com/
イープラス:http://eplus.jp/sys/main.jsp

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly