トム・ホランド&デイジー・リドリー共演のSF映画『カオス・ウォーキング』悪役にマッツ・ミケルセンが登板か

ドラマ『ハンニバル』(2013-2015)や映画『ドクター・ストレンジ』(2016)、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)など話題作に数多く出演するマッツ・ミケルセンが、SF映画『カオス・ウォーキング(原題:Chaos Walking)』にて悪役を務める可能性が高まってきた。

同作は『怪物はささやく』(2016)の原作・脚本を手がけたパトリック・ネスによる同名小説を映画化するもので、主演には『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年8月11日公開)のトム・ホランドと、『スター・ウォーズ』新3部作のデイジー・リドリーが決定している。なお監督は『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)などのダグ・リーマンが務める。

Mads Mikkelsen at the Cannes Film Festival 2013 / Georges Biard

Mads Mikkelsen at the Cannes Film Festival 2013 / Georges Biard


『カオス・ウォーキング』は、「ザ・ノイズ」と呼ばれるウイルスに汚染された惑星“ニュー・ワールド”が舞台。ウイルスによってあらゆる生物の考えが互いに漏れ伝わり、多くの人間が狂ってしまった世界で、少年トッド(トム・ホランド)が話さない少女ヴィオラ(デイジー・リドリー)と出会って旅に出るという物語だ。ヴィオラは“ニュー・ワールド”に隠された謎を解く鍵を握っており……。

現在、ミケルセンは製作スタジオとの契約交渉中にあるという。もし契約が締結された場合、彼は“プレンティスタウン”なる土地を治める冷酷な市長役を演じることになるようだ。かつてはヴィオラの恩師だったにもかかわらず、自身の秘密を守るためにトッドとヴィオラを追うことになる役回りだという。
トム・ホランド&デイジー・リドリーというタッグ、そして悪役にマッツ・ミケルセン……。なんとも贅沢な組み合わせだけに、ぜひ実現することを祈りたい。

映画『カオス・ウォーキング』は2019年3月1日に全米公開予定

Source: http://deadline.com/2017/07/mads-mikkelsen-doug-liman-chaos-walking-1202132296/
http://screenrant.com/chaos-walking-mads-mikkelsen-villain-casting-talks/
Mads Mikkelsen at the Cannes Film Festival 2013 / Georges Biard

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。