Menu
(0)

Search

マッツ・ミケルセンの魅力に酔いしれたい人のための厳選4作 ─『ファンタビ』グリンデルバルド役、北欧の至宝の華麗なる出演作を堪能せよ

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密
© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved Wizarding World™ Publishing Rights © J.K. Rowling WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc.

「魔法ワールド」シリーズ最新作、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』がついに公開を迎えた。世界の支配を企む史上最悪の黒い魔法使い、グリンデルバルドをジョニー・デップに代わって演じるのは、デンマークを代表する名優マッツ・ミケルセンだ。

非魔法族を魔法使いが支配する世界を作ろうと画策するグリンデルバルド。かつてダンブルドアと同じ志を持ち、「互いに戦わない」と血の誓いを交わしていたが、いまでは野望を叶えるためであれば手段を選ばない史上最悪の魔法使いだ。その実力は確かなもので、グリンデルバルドには未来が見える能力まで兼ね備えている。そんなグリンデルバルドを倒すため、魔法動物を愛する魔法使いニュートひきいるデコボコチームが、ダンブルドアによる秘密の作戦を決行することに。

冷徹な黒い魔法使いでありながらも、哀愁漂うグリンデルバルドにふんしたマッツ・ミケルセン。本記事では、“北欧の至宝”として知られる名優の出演作を厳選して紹介したい。

イチオシの出演映画

『アフター・ウェディング』(2006)

『アフター・ウェディング』
『アフター・ウェディング』(角川書店)

『しあわせな孤独』(2002)『未来を生きる君たちへ』(2008)をはじめ、『バード・ボックス』(2018)などで知られる監督、 スサンネ・ビアが手がけた同作。アカデミー賞では外国語映画賞に候補入りを果たし、『秘密への招待状』(2019)としてハリウッド映画化もされている。

マッツ・ミケルセンふんするヤコブは、インドで孤児たちの援助活動に従事していた。しかし、学校の財政難に陥り、破産寸前にまで追い込まれてしまう。そんなヤコブのもとに、ヨルゲンという実業家から巨額な資金援助の申し出があり、彼に会うため故郷であるデンマークへ。

面談を終えたヤコブは、ヨルゲンから娘の結婚式に強引にも招待され、資金援助のために渋々出席することに。そこでヤコブが偶然にも再会したのは、ヨルゲンの妻であり、かつての恋人であったヘレナ。20年ぶりの再会を果たしたのだ。またヤコブは、結婚する娘というのが、ヨルゲンではなくヘレナの元恋人の子供だとを知る。知らされていなかった娘の存在に戸惑うヤコブ。物語は思わぬところへと展開していく。

ヨルゲンがヤコブをデンマークに呼び戻した理由とは一体何だったのか。彼の計画に巻き込まれたヨルゲンとヘレナ。それぞれの登場人物の感情が生々しく切り取られながら、その計画の真実が明らかにされていく。激しく感情を揺さぶれるマッツのパフォーマンス、家族の大切さに迫る物語は必見そのものだ。

『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)

2006年に公開された『007/カジノ・ロワイヤル』は、『007』シリーズの第21作にして、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドに就任した記念すべき一作。ル・シッフルという悪役で同作に登場したのが、マッツ・ミケルセンだ。

シリーズの原点回帰作である同作は、“007”となる以前のジェームズ・ボンドが、テロ組織の壊滅に奮闘する姿を迫力満点の映像と手に汗握る心理戦で描く物語。ボンドはテロ組織の正体に迫っていくなかで、資金を運用していた謎の男の情報を得る。それがル・シッフルである。

ル・シッフルは、スカイフリート社の株の空売りを仕込んだ上、同社の大型旅客機を爆破させ、株価を暴落させることで利益を得ようとしていたが、ボンドによって計画は阻止されてしまう。その巨額な損失を取り戻そうとしたル・シッフルは、カジノでポーカーゲームに参加することに。そこにボンドが現れ、ふたりはカジノテーブルを挟み対決する。相手の手の内を読みながら繰り広げられるスリリングなポーカーシーンは、まさしく同作の見どころのひとつだ。

劇中では、ル・シッフルがボンドを激しく拷問する場面も登場。ポーカー対決後、ル・シッフルはボンドを拉致し、裸にして座面を切り抜いた椅子に縛り、ロープで下半身を打ち続けた。その冷徹で容赦ない姿には観客の恐怖心を煽る。マッツの名前を世界に轟かせた怪演に注目だ。

『偽りなき者』(2012)

カンヌ国際映画祭にて上映され、マッツ・ミケルセンが男優賞を射止めた一作だ

マッツ演じるのは、学校閉鎖による失業や離婚の悲しみを乗り越え、いまでは幼稚園教師として働きながら、猟友会の仲間たちと穏やかな日々を送っていたルーカス。ある日、ルーカスにプレゼントを受け取ってもらえなかったという親友の園児が、ちょっとした彼への仕返しとして嘘を発する。しかし、その園児の作り話によって、ルーカスは児童虐待の疑いをかけられてしまうのだ。この日を堺に主人公の人生は再び大きく狂い始める。

“ルーカスにいたずらされた”という園児の証言を誰もが信じ込み、ルーカスは潔白を懸命に訴え続けるも、親友をはじめ町の住人たちから迫害を受けてしまう。植え付けられてしまった印象を払拭することや、一度失ってしまった信頼を取り戻すことは、そう簡単ではないということを痛感させられる一作である。そんな冤罪の恐ろしさに迫る物語と、マッツによる繊細かつ熱量に溢れた演技に注目しよう。

『アナザーラウンド』(2020)

マッツ・ミケルセンが酒を浴びる姿に酔いしれよ。

カンヌ国際映画祭に選出され、アカデミー賞・外国語映画賞にも輝いた同作マッツが演じたのは、冴えない高校教師のマーティンだ。3人の同僚たちと共にマーティンは、「血中アルコール濃度を常に0.05%に保つと仕事の効率が良くなり想像力がみなぎる」という理論を証明するため、とんでもない実験に取り組むことになる。仕事中でもお構いなしに酒を飲み、常に酔った状態を保つと、授業も楽しく生き生きとしたものになっていく。着実に人生が好転していく一同だったが、実験が進むにつれて、徐々に制御不能になってしまう。

ミッドライフ・クライシス”を題材に、飲酒が人生にもたらす光と闇を描いたブラック・コメディ『アナザーラウンド』。監督を務めたのは、『偽りなき者』(2012)につづき仕事を共にすることになったトマス・ヴィンターベアだ。

マッツは見事な酔っ払いぶりを見せるだけでなく、実験が進むにつれて激しく変化していく気分を見事に演じ分けている。また、マッツは幼い頃から体操選手として訓練を受け、のちにバレエアカデミーでダンスを学んだという経歴を持つ。そんなマッツによるダンスシーンが劇中で登場する。人生に祝杯をあげるような清々しい踊りを披露する俳優の身のこなしぶりはとにかく華麗だ。

注目の次回作

マッツ・ミケルセンの次回作としては、『インディ・ジョーンズ』第5作が待機中だ。

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)に続く第5作。ハリソン・フォードにとってシリーズのフィナーレを迎える作品とも言われている。キャストにはふたりのほか、アントニオ・バンデラス、フィービー・ウォーラー=ブリッジ、トーマス・クレッチマン、ボイド・ホルブルック、ショネット・ルネ・ウィルソンが参加。いずれも役柄は不明だ。

監督を務めるのは、『LOGAN/ローガン』(2017)『フォードvsフェラーリ』(2019)などでおなじみのジェームズ・マンゴールド。製作には、スティーブン・スピルバーグやフランク・マーシャルのほか、シリーズプロデューサーのキャスリーン・ケネディが名を連ね、ジョン・ウィリアムズが音楽を続投している。

撮影はすでに終了済みで、現在は編集作業中。2023年6月30日に米国公開となる。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly