Menu
(0)

Search

マッツ・ミケルセン新作映画、Netflixが権利を獲得 ─ 娘と2人でアメリカ横断、『ファミリー・ツリー』アレクサンダー・ペイン監督作品

©THE RIVER

米Netflixが、『ドクター・ストレンジ』(2016)『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のマッツ・ミケルセンが主演する新作映画の権利を獲得した。監督は『サイドウェイ』(2004)『ファミリー・ツリー』(2011)で知られるアレクサンダー・ペインが務める。米DeadlineColliderが伝えた。

今回の報道によると、ペイン監督の新作は、ノルウェーの作家カール・オーヴェ・クナウスゴール氏が米The New York Timesで2015年に発表した紀行記事「My Saga(原題)」を原案とする物語。マッツが演じるのはドイツ人ジャーナリスト役で、ティーンエイジャーの娘とともに、新聞のために記事を執筆しながらアメリカを車で横断するという設定だという。カール氏はヴァイキングの移動した歴史的足跡を追ってアメリカを旅した人物のため、映画化にあたっては大幅な脚色が加えられているとみられる。


争奪戦を勝ち抜いて権利を取得したNetflixは、2020年秋の配信開始を目指して、撮影は2019年10月からスウェーデン、デンマーク、アメリカにて行われる予定だ。脚本はノルウェー人作家のアーレン・ローが執筆し、プロデューサーには『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』(2013)でペイン監督とタッグを組んだアルバート・バーガー&ロン・イェルザ、『ハウス・ジャック・ビルト』(2018)のリゼット・ジョンジックが就任した。

これまで数々の作品でアカデミー賞候補となり、代表作『サイドウェイ』『ファミリー・ツリー』では脚色賞に輝いたペイン監督だけに、Netflixは本作で再び賞レースに名乗りをあげることになりそうだ。なお、ペイン監督はエマ・ストーン&レイフ・ファインズ主演のブラックコメディ『The Menu(原題)』を手がけると報じられていたが、Colliderによれば、すでに同企画からは離脱しているとのこと。いずれにせよ、次回作はマッツ・ミケルセンと組む本作ということになる。

マッツ・ミケルセン主演、アレクサンダー・ペイン監督の新作映画(タイトル未定)は2020年秋にNetflixで米国配信予定。そのほか海外での配信・発表形態については明らかになっていない。

こっちは2人で北極遭難

Sources: Deadline, Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly