Menu
(0)

Search

「マンダロリアン」シーズン2にアソーカ・タノ登場決定 ─ 「デアデビル」ロザリオ・ドーソンが初の実写版演じる

『スター・ウォーズ /クローン・ウォーズ』アソーカ・タノ
© Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータイメージ

スター・ウォーズ』実写ドラママンダロリアンのシーズン2に、アニメ「クローン・ウォーズ」のアソーカ・タノが登場することが分かった。米Varietyが報じた。

アソーカ・タノが実写作品で姿を見せるのは、これが初めての機会。『シン・シティ』(2005)や「Marvel デアデビル」などのロザリオ・ドーソンが演じる。「ゲスト」登場になると見られる。

RosarioDawson ロザリオ・ドーソン
Photo by Lan Bui https://www.flickr.com/people/71284644@N00

アソーカは、アニメ「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」における中心人物のひとりで、アナキン・スカイウォーカーのパダワンとして登場するトグルータの女性。スカイウォーカーを「スカぴょん(原語:Skyguy)」と呼ぶなど自由奔放な性格。ある時点でジェダイ・オーダーを去っており、成長してからは「スター・ウォーズ 反乱者たち」にも登場、かつて師だったダース・ベイダーと宿命の刃を交えている。

ドラマ「マンダロリアン」は、『スター・ウォーズエピソード6/ジェダイの帰還』での出来事から5年後、帝国が崩壊し、ファースト・オーダーが台頭する前の時代に現れた“一匹狼の戦士”マンダロリアンの戦いが描かれる。シーズン2は2020年10月より米配信が予定されており、3月7日にクランクアップが報告されている。製作総指揮・脚本はジョン・ファヴロー

Source:Variety

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly