【特集】ミュージックビデオから映画界の新星へ ― 『アメイジング・スパイダーマン』マーク・ウェブ監督の「これまで」と「これから」

『アメイジング・スパイダーマン』シリーズを手がけたマーク・ウェブ監督にとって、2012年の第1作『アメイジング・スパイダーマン』は初めての“ハリウッド大作映画”だ。ミュージックビデオを約15年にわたって撮りつづけてきた彼にとって、この作品は長編映画2作目にして完全なる新境地、大いなる挑戦だったのである。

早くから映画界の新星として高く評価され、そのまま大作映画を手がけるに至った彼は、数年経った現在『アメイジング・スパイダーマン』シリーズをどのように捉えているのだろうか? 本記事ではウェブ監督のキャリアを振り返りながら、その心境に迫っていきたい。

Marc Webb speaking at the 2013 San Diego Comic Con International, for "The Amazing Spider-Man 2", at the San Diego Convention Center in San Diego, California. / Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9352864511/ )

Marc Webb speaking at the 2013 San Diego Comic Con International, for “The Amazing Spider-Man 2”, at the San Diego Convention Center in San Diego, California. / Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9352864511/ )

MV監督、突如として映画界の大型新人に


マーク・ウェブ監督が、そのキャリアの最初期に活動していたのはミュージックビデオの世界だ。
1997年より、バックストリート・ボーイズ、グッド・シャーロット、マイ・ケミカル・ロマンス、ダニエル・パウター、ヒラリー・ダフ、ファーギー、マイリー・サイラス、グリーン・デイ、そのほか各時代のトップランナーたるミュージシャンを撮りつづけてきたのである。日本でもB’zの『今夜月の見える丘に』のミュージックビデオを手がけていたことが紹介されて大きな話題となったが、長きに渡り幅広くのアーティストを手がけて実力を磨いてきた人物なのだ。

そんなウェブ監督が初めて撮った長編映画が『(500)日のサマー』(2009)である。
主演は今やスター俳優の仲間入りを果たしたジョゼフ・ゴードン=レヴィット、ヒロインにはズーイー・デシャネル。脚本は、のちに『きっと、星のせいじゃない。』(2013)を執筆するスコット・ノイスタッター&マイケル・H・ウェバーが手がけた。

この映画でウェブ監督は類まれなる映像センスと色彩感覚、そして繊細かつ明快な心理描写を同居させた演出力を高く評価されている。突如として映画界の新星として扱われるようになったわけだが、『(500)日のサマー』で見せた演出の数々はいずれもミュージックビデオ時代に培われたものだ。
たとえば2005年の監督作品、ダニエル・パウターのヒット曲“Bad Day”のミュージックビデオを見ると、数年後に『(500)日のサマー』で示されるものに通じる瞬間を数分間で何度も目の当たりにすることになる。

そして『アメイジング・スパイダーマン』へ

『(500)日のサマー』を成功させたウェブ監督は、そのままソニー・ピクチャーズに見出されて大作映画『アメイジング・スパイダーマン』を手がけることになる。製作費は『(500)日のサマー』の約750万ドルから約2億3,000万ドルへと激増、まさしく大抜擢だった。
本作はサム・ライミによる『スパイダーマン』3部作の続編が実現しなかったがゆえのリブートだったが、ほろ苦い青春ストーリーとしての側面を持つ「スパイダーマン」の再映画化として、そしてアンドリュー・ガーフィールドという気鋭の俳優を主演に得たという点でもウェブ監督の抜擢は“ふさわしかった”のである。

しかし『アメイジング・スパイダーマン』そして第2作『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)は熱狂的なファンを少なからず生みながらも、完成した作品には賛否両論の声が寄せられた。また興行成績もソニー側の期待通りの結果とはならず、シリーズは残念ながら第3作の製作を待たずに終了することとなったのである。

アメイジング・スパイダーマン2

『アメイジング・スパイダーマン2』より c 2014 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. MARVEL and all related character names: c & ? 2017 MARVEL.

2017年8月、英Den Of Geekのインタビューでウェブ監督は『アメイジング・スパイダーマン』の製作を振り返った。当時は、スタジオ製作ならではの大きな力に巻き込まれたのではないかと監督に同情する声もあったが、彼はそうした意見を退けている。

「なぜみなさんがそう考えるのかはわかりますが、あれ(『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ)は僕の映画です。監督には映画を作る責任があって、起こることはすべて自分の問題なんです。(大きな力に)振り回されたことはありません。賢い人たちがたくさんいて、(映画について)強い意見をたくさん持っていましたが、それでも僕の映画でした。両方ともです。
とても複雑でしたが、それは単純に多くのことが懸かっていたからですよ。考えなきゃいけないことはたくさんあっても、あの映画を作るのは楽しかったんです。とっても難しかったですけどね。

ウェブ監督が『アメイジング・スパイダーマン』シリーズに携わっていた時期、ソニー・ピクチャーズへのハッキング事件が起こり、またマーベル側からは“スパイダーマンを戻してほしい”という要求があるなど、社内は時折厳しい状況にあったという。しかし監督は、そうした出来事が映画に大きな影響を与えたことはないと述べている。

それでもインタビューの中で、監督は「今なら当時とは別のアプローチを取るでしょうね」と口にしている。

「映画を作るのに、もっと時間をかけたいですね。それが受け入れられても、契約の時には、自分たちが何を受け入れるのかをはっきりさせることです。(第1作を)始めた頃は映画の作り方がわかっていませんでした。今ならもっと慎重になると思いますよ。

その後のマーク・ウェブ監督

『アメイジング・スパイダーマン』シリーズの終了以降、ウェブ監督はテレビドラマやCMなどを手がけている。奇しくもマーベル関係の仕事として、サムスンと『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)のコラボ広告映像を監督したこともあるのだ。もちろん方向性はまるで異なるものの、『アメイジング・スパイダーマン』を経たウェブ監督がヒーローを扱った作品として見逃せない一本である。

もちろん映画監督としての活動も精力的で、今年(2017年)はクリス・エヴァンスを主演に迎えての長編映画第4作『gifted/ギフテッド』2017年11月23日公開)のほか、第5作『ジ・オンリー・リビング・ボーイ・イン・ニューヨーク(The Only Living Boy in New York)』もアメリカにて封切られている。
ちなみに『gifted/ギフテッド』は出世作『(500)日のサマー』に近い約700万ドルという製作費で、しかも当時と同じフォックス・サーチライト・ピクチャーズから配給された作品だ。大作映画を経て、8年ぶりの“原点回帰”ともいうべき作品になっていることだろう。

では、ウェブ監督が再び大作映画を撮ることはあるのか、そして再びスーパーヒーローを正面から扱うことはあるのか……。いずれ再挑戦に期待したいところだが、今は再スタートを果たしたウェブ監督の新作、そして今後の活躍を楽しみにするばかりである。

アメイジング・スパイダーマン2『アメイジング・スパイダーマン? シリーズ ブルーレイ コンプリートBOX』発売中
Blu-ray ¥3,800(税抜)
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

c 2014 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. MARVEL and all related character names: c & ? 2017 MARVEL.

 

[お詫びと訂正]
記事初出時、本文の内容に一部誤りがございました。深くお詫びするとともに訂正させていただきます。
誤:長編映画第3作『gifted/ギフテッド』(2017年11月23日公開)のほか、第4作『ジ・オンリー・リビング・ボーイ・イン・ニューヨーク(The Only Living Boy in New York)』も~
正:長編映画第4作『gifted/ギフテッド』(2017年11月23日公開)のほか、第5作『ジ・オンリー・リビング・ボーイ・イン・ニューヨーク(The Only Living Boy in New York)』も~

Sources: http://www.denofgeek.com/uk/movies/sinister-six/51212/the-amazing-spider-man-3-and-sinister-six-details-surface
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=500daysofsummer.htm
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=gifted.htm
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=spiderman4.htm
https://en.wikipedia.org/wiki/Marc_Webb

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。