Menu
(0)

Search

単独映画『ザ・バットマン』やはりDCエクステンデッド・ユニバース作品だった ― 監督が認める

DCコミックスおなじみのヒーロー、バットマンを主人公とする単独映画ザ・バットマン(仮題)』が、なんとDCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)作品ではないかもしれない……。2017年7月にマット・リーヴス監督がポッドキャストで発言したことから話題となったこの問題は、監督自身の手で無事に収拾することになりそうだ。
このたびリーヴス監督は『ザ・バットマン』がDCエクステンデッド・ユニバースに属する作品であることを認めた

「ユニバースの一部ではない」発言の真相とは

2017年7月、ポッドキャスト「ザ・ビジネス」にて、リーヴス監督はワーナーから『ザ・バットマン』のオファーを受けた際「これは単独作品で、エクステンデッド・ユニバースの一部ではありません」と説明されたと話していた。さらにジョーカーのオリジン・ストーリーを描く単独映画『ザ・ジョーカー』が非DCEU作品として製作されることも判明したことから、『ザ・バットマン』もDCEU以外で実現するのではないかと推測されたのである。

しかしリーヴス監督は、この予想を一蹴して『ザ・バットマン』がDCEU作品であることを明らかにしている。

「はっきりさせておこう。もちろんバットマンはDCユニバースの一部だし、バットマンは“バットマン”だよ。少し前に“DCEUの一部じゃない”とコメントしたのは、『ザ・バットマン』が確かにバットマンについての物語だということだ。ユニバースに属する別の誰かの物語じゃない。別のストーリーのためのカメオ出演で作品をいっぱいにしたくないんだ、これはバットマンの物語なんだよ。」

やはり現地メディアや多くのファンが予想した通り、『ザ・バットマン』はDCEUに属さないのではなく“ほかのDCEU作品とのリンクを有しない”という意味だったようだ。きわめて正当かつシンプルな“単独映画”になるということだろう。
ちなみに今回の小騒動を受けて、一部のファンは「マット・リーヴスはユニバースという用語を理解してないぞ……」「誰か教えてあげて……」といったリアクションを見せている。

映画『ザ・バットマン(仮題)』の劇場公開時期は未定。

Source:?http://screenrant.com/batman-movie-dceu-matt-reeves/

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly