マーゴット・ロビー、タランティーノ新作映画に出演交渉を開始 ― レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット出演

映画『パルプ・フィクション』(1994)や『キル・ビル』(2003, 2004)、『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012)などで知られるクエンティン・タランティーノ監督の最新映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(原題:Once Upon a Time in Hollywood)』に、『スーサイド・スクワッド』(2016)のハーレイ・クイン役で知られるマーゴット・ロビーが出演交渉に入ったという。米Deadline誌が報じている。

本作では1969年のロサンゼルス、ヒッピー運動の最中にあったハリウッドを舞台に、西部劇ドラマで活躍する俳優とスタントマンの物語、そしてカルト指導者チャールズ・マンソンによる女優シャロン・テート殺害事件が描かれるという。
かねてよりマーゴット・ロビーがシャロン・テート役で出演するという情報は伝えられていたが、このたび、いよいよスタジオとの交渉が始まったようだ。もちろん正式に出演が決まったわけではなく、ようやく現実的に話が進み始めたとみるべきだろう。


『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』には、現時点でレオナルド・ディカプリオブラッド・ピットの出演が発表されている。ディカプリオが演じるのは、かつて西部劇のドラマで活躍していた俳優リック・ダルトン役。ピットは、ダルトンのスタントマンを長年務めるクリフ・ブース役を演じる。かつてダルトンは人気俳優だったものの、すでにハリウッドでは落ち目とされていた。そんなダルトンの自宅の隣には、有名女優シャロン・テートが住んでいて……。

ヒーロー映画ファンの間ではハーレイ・クイン役の再演が待たれているロビーは、最新作『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(5月4日公開)で第90回アカデミー賞の主演女優賞にノミネートされた。その実力をますます評価される中、タランティーノ作品でさらなる飛躍を見せることになるのだろうか? 出演交渉の続報が待たれるところである。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は2019年8月9日に米国公開予定

Source: Deadline
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28568550636/ Remixed by THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。