マーク・ハミル『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』出演なるか?「まだ監督に会ってません」 ― ガン監督は熱烈反応

2018年2月、Twitterにて夢のようなやり取りが交わされた。とあるファンの投稿をきっかけに、スター・ウォーズ』でルーク・スカイウォーカー役を演じるマーク・ハミルが、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズへの出演に興味を示したのである。
シリーズを手がけるジェームズ・ガン監督とマークは、なんとカリフォルニア州マリブに住まいを構える“ご近所さん”だった。ひとまず二人はコーヒーを飲む約束を取り交わしたようなのだが、その後、この話題はどうなったのだろうか?

ET Canadaのインタビューにて、マークはジェームズ監督とまだ会えていないことを明かしている。

「あくまでご近所さんとして、友人としてね」

「(監督とは)ダイレクトメッセージで少しだけやり取りをしました。彼が町を出ていくところだったので、“会えるのを楽しみにしてますね”と送りましたよ。僕は役をせがもうとしてるわけじゃなくて、あくまでご近所さんとして、それから友人としてね。だから、まだ監督には会ってません。」

ちなみにマークは、自身が『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(仮題)』に出られるかどうかはさておき、こうしたやり取りができること自体にある感慨を抱いたようだ。

「どうなるかはわかりませんけど、今回のことは、ソーシャルメディアが世界を変えたことの一例ですよね。会ったこともない作家や政治評論家と友達になれるんですから。だってフォローしていれば、個人的にお話できるんですよ。僕は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が大好きです。でも僕のことは必要じゃないでしょう、あんなに素晴らしいキャストがいますからね。」

こうした口ぶりからすると、マークはどうやら出演に大きな期待を抱いていないようである。しかしそんな矢先、ジェームズ監督がこのインタビューに反応。まだ諦めるのは早そうだ……!

「僕はアトランタにいるんですが、帰った時には、ぜひ、ほんとに、マーク・ハミルとコーヒーを飲みたいんですよ!

具体的な進展こそみられないものの、どうやらこの話題はTwitterだけで終わってしまったものではなさそうだ。ジェームズ監督の脳内には「もしマーク・ハミルが出演するなら」というアイデアがあるのかもしれないし、もし仮に『Vol.3』で実現しなかったとしても、いずれジェームズ監督の作品で今回の縁が結ばれる可能性もあるだろう。

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(仮題)』は2020年米国公開予定

Sources: ET Canada, James Gunn
Eyecatch Image: [左]写真:ゼータ イメージ [右]Photo by Gage Skidmore Remixed by THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。