マーク・ハミルおじいちゃん、ジョーカー仕様のライトセーバーをプレゼントされ「こんなの貰えないよぉ…」

映画『スターウォーズ』シリーズのメインキャラクター、ルーク・スカイウォーカー役として世界中から愛されるマーク・ハミルだが、実はDCコミックスのアニメ/ゲーム版『バットマン』でのスーパーヴィラン、ジョーカーの声優という、ジェダイとは真逆の顔も持っている。そんなマーク・ハミルは、先週末ロンドンで行われた『スターウォーズ・セレブレーション』のミート&グリート企画にて、ファンからサプライズプレゼントを貰い、驚く姿が話題となっている。

マーク・ハミルにプレゼントを直接渡したのはケン・ハンプトンという男。彼はライトセーバー制作をライフワークとしており、これまで数々のカスタムライトセーバーを作っている。ハンプトンは今回、特別に『ジョーカー』カスタムのライトセーバーを制作。デザインやカラーリングがジョーカー仕様になっているのはもちろん、ボタンを押すとジョーカーの笑い声が発せられるというカスタムが施されている。その声の主とはもちろん、マーク・ハミルだ。

mark-hamill-joker-lightsaber1

ハンプトンが自慢のセイバーを紹介すると、マーク・ハミルは興味津々に「オーマイガー、ジョーカーのライトセーバーじゃないか」とグリップを握る。ボタンを押すと音が鳴るんですよと聞くと、グリップに耳を近づけて、「すごいなぁ、どうやったんだい」と笑顔。

mark-hamill-joker-lightsaber2

mark-hamill-joker-lightsaber3

mark-hamill-joker-lightsaber4

そして、「ありがとう、嬉しいよ」とセイバーを返すと、ハンプトンは「あなたへのギフトです」と、改めてセイバーを献上。

「オーノー、僕の為に?!」とずいぶん驚いた様子のマークは「こんなの貰えないよぉ…」「お高いんでしょ…?」と喜びと動揺を隠し切れない様子だ。

mark-hamill-joker-lightsaber5

結局、マークはこの特別なライトセーバーを受け取ったわけであったが、最後には「プレゼントはもう大丈夫だから、有り難いけど、(もらいすぎて)ミュージアムみたいになっちゃうからさ…」と嘆いている。

mark-hamill-joker-lightsaber6

ちなみにこちらは制作者トム・ハンプトンによるジョーカー・ライトセーバーの紹介動画。

マーク・ハミル『スターウォーズ・セレブレーション』にて撮影エピソードを披露 「オビ=ワンが死ぬシーンは笑えた」

Source:http://robot6.comicbookresources.com/2016/07/mark-hamill-presented-with-a-custom-joker-lightsaber/

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。