Menu
(0)

Search

『オデッセイ』チャニング・テイタムが主演として検討されていた ─「想像できない」と原作者

チャニング・テイタム
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35732523270/

世界中の映画賞を総なめにしたSF映画『オデッセイ』では、マット・デイモンではなく別の俳優が主演として検討されていたようだ。

アンディ・ウィアーによる小説『火星の人』を原作に、『エイリアン』(1979)『ブレードランナー』(1982)などのリドリー・スコット監督が手がけた本作は、猛烈な砂嵐に襲われて火星に独り取り残された宇宙飛行士、マーク・ワトニーのサバイバルを描いた作品。火星という極限下で必死に生き抜こうとする宇宙飛行士役を熱演したデイモンは、アカデミー賞では受賞こそ逃したものの、主演男優賞にノミネートされていた。

Cinema Blendのインタビューにてウィアーは、マーク・ワトニー役の第一候補として、『G.I.ジョー』『マジック・マイク』『21ジャンプストリート』シリーズなどのチャニング・テイタムをスタジオが「かなりプッシュしていた」と明かしている。もっとも、ウィアーはテイタムがスタジオから検討されていることが理解できなかったようだ。

「ゴージャスな男ではありますが、スマートな男には見えない。[中略]チャニング・テイタムが知的な男であることは間違いありませんが、彼が普段演じているのはそういうキャラクターではありません。ゴージャスな男か、ワルな男、もしくはその両方の要素を兼ね備えた役柄をたいてい演じています。」

誰もが諦める絶望的な状況の中でも、賢さと明るさを武器に乗り越えていく宇宙飛行士。そんなをマーク・ワトニーにふんするテイタムを想像することが出来なかったということだろう。なおデイモンが主演に起用された際、ウィアーは「やった!」と大喜びしたようで、「完璧に演じていた」と絶賛している。

あわせて読みたい

Source: Cinema Blend

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly