Menu
(0)

Search

『オデッセイ』チャニング・テイタムが主演として検討されていた ─「想像できない」と原作者

チャニング・テイタム
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35732523270/

世界中の映画賞を総なめにしたSF映画『オデッセイ』では、マット・デイモンではなく別の俳優が主演として検討されていたようだ。

アンディ・ウィアーによる小説『火星の人』を原作に、『エイリアン』(1979)『ブレードランナー』(1982)などのリドリー・スコット監督が手がけた本作は、猛烈な砂嵐に襲われて火星に独り取り残された宇宙飛行士、マーク・ワトニーのサバイバルを描いた作品。火星という極限下で必死に生き抜こうとする宇宙飛行士役を熱演したデイモンは、アカデミー賞では受賞こそ逃したものの、主演男優賞にノミネートされていた。

Cinema Blendのインタビューにてウィアーは、マーク・ワトニー役の第一候補として、『G.I.ジョー』『マジック・マイク』『21ジャンプストリート』シリーズなどのチャニング・テイタムをスタジオが「かなりプッシュしていた」と明かしている。もっとも、ウィアーはテイタムがスタジオから検討されていることが理解できなかったようだ。

「ゴージャスな男ではありますが、スマートな男には見えない。[中略]チャニング・テイタムが知的な男であることは間違いありませんが、彼が普段演じているのはそういうキャラクターではありません。ゴージャスな男か、ワルな男、もしくはその両方の要素を兼ね備えた役柄をたいてい演じています。」

誰もが諦める絶望的な状況の中でも、賢さと明るさを武器に乗り越えていく宇宙飛行士。そんなをマーク・ワトニーにふんするテイタムを想像することが出来なかったということだろう。なおデイモンが主演に起用された際、ウィアーは「やった!」と大喜びしたようで、「完璧に演じていた」と絶賛している。

あわせて読みたい

Source: Cinema Blend

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly