Menu
(0)

Search

マーベル・スタジオ、2020年夏の映画公開予定を撤回 ― ディズニー『ジャングルクルーズ』が公開延期で同時期に移動

マーベル・シネマティック・ユニバースの製作を統括している米マーベル・スタジオは、かねてより公表されていた2020年夏の映画公開予定を撤回した。米Deadlineほか複数のメディアが報じている。

これまで、ディズニー/マーベル・スタジオは2020年7月31日にタイトル未定の新作映画を公開する予定だった。ただし、このたび当該の公開予定は撤回されており、代わりにディズニーランドの人気アトラクションを実写映画化する『ジャングルクルーズ(邦題未定、原題:Jungle Cruise)』が、その前週にあたる2020年7月24日に米国公開されることが決定している。

ドウェイン・ジョンソン&エミリー・ブラントを主演に迎えた『ジャングルクルーズ』は、すでに2018年9月14日(米国時間)に本撮影を終了しており、当初は2019年10月11日に米国公開される計画だった。すなわち、本作は実に約9ヶ月もの公開延期となったわけである。これに際して、ドウェインは新たな公開日を告知するロゴ映像をTwitterに投稿した。

また米ComicBook.comによれば、マーベル・スタジオは、今回撤回した予定以外にも、2020年5月1日、2020年11月6日に新作映画を米国公開する予定。2020年の公開予定だった『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(邦題未定、原題:Guardians of the Galaxy Vol.3)』がジェームズ・ガン監督の解雇により無期限保留となったことが、一連の計画にいかなる影響を与えているのかはわからない。

近年のマーベル・スタジオは、2017年に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』『スパイダーマン:ホームカミング』『マイティ・ソー バトルロイヤル』、2018年に『ブラックパンサー』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『アントマン&ワスプ』と、年に3本のペースで新作映画を米国公開してきた(『ドクター・ストレンジ』は2016年の米国公開)。2019年も『キャプテン・マーベル』、『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が公開されるため、このペースは守られることになる。2018年10月21日現在、2020年は年に2本となるようだが、今後変更が加わる可能性もあるだろう。

ちなみに以前ケヴィン・ファイギ社長が語ったところによると、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』以降の作品ラインナップは2019年夏に開催されるポップカルチャーの祭典「San Diego Comic Con」にて発表されるとのこと。作品の詳しい予定はまだお預けというわけだ。

Sources: Deadline, ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly